最近のトラックバック

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

足の太さで学年が・・・!

 初夏の陽気に吊られていたら、もう5月も終わりだよ。  4月に入学した女子高生(当然男子高校生もだけど)も、堂々とした通学スタイルだね。  それが後何日か後には衣替えだよ・・衣替え・・!  だから今の時期は男爵様も血圧が上って当然だと思うけど。  何故血圧が?  男爵様の名誉(?)のため、そんな野暮なこと聞かないで欲しいね。  何ですか・・男爵様の目が血走っていると・・!  そんな・・腐ったサンマと一緒にしないでほしいね。  若く(?)元気で青春を謳歌している男爵様と、腐ったサンマ・・結びつかないね・・!  でもサンマの塩焼きは旨い、好物です。  今年は震災の影響で漁獲が有るんだろうか・・!  何ですか?・・不漁の時は目が赤い誼(よしみ)で男爵様が身代わりに・・じゃこれから脂肪を付けなくちゃ・・いや冗談ですよ。  話を戻してその女子高生だけど、自転車通学が多いんだね。  2万人が住んでいる団地から高等学校までは、数キロの緩い坂道になっている。  その坂道を女子高生(男子高校生も)達は朝夕自転車で上ったり下ったりしている。  坂道の急な部分では、腰を上げて立ち乗り状態でウオーキング中の男爵様を追い抜いて行く。  逞しいね。  未来の肉食熟女の姿そのままに見える。  しかし、ここで男爵様の観察力が働くんだね。  今年入学した1年生は、細い足で立ち乗り状態で喘ぎながら坂道を上っている。  そして2年生は何事もなかったように、立ち乗りでマイペースに通り過ぎて行く。  3年生にもなると足腰が逞しくなり、腰をあげなくても友達同士でイケメン(多分男爵様のこと?)の話をしながら自転車は前に前にと進んでいく。  1学年違うと随分鍛えられるんだね。  だから足の太さで学年が分かるんだよ。  1年生は白く細い足で今時のギャル予備軍でしかない。  2年生はスポーツウーマンタイプでしっかりした足腰と脹脛(ふくらはぎ)の発達した筋肉が目立つ。  3年生は評価が分かれると思う。  何故なら、脹脛の鍛えられた筋肉と、スカートが風邪に煽られた時にちらりと見える太股が実に逞しい。 但し、これは意識的に見たのではなく、風邪の悪戯で偶然に見えただけなんだけど、誰も信用はしてくれそうもないな・・!  往年の橋本聖子か伊藤みどりかと・・判断に迷う事が多々ある。  あの太く逞しい大腿部に胸が踊る人と恐れ戦(おのの)く人とに分かれると思うけど・・!  そんなことばかり考えながら歩いていると、その自転車に撥ねられるかな・・!  でも最近の自転車は実にスマートに出来ているね。  タイヤの太さが26ミリなんてのがある。  今時の女子高生は体格もいいから、その女子高生をやっと乗せている可哀想な自転車も見かけるよ。  この自転車、後何カ月で金属疲労で廃車かな・・・なんて考えるのは余計なお世話かな・・!  自転車も制限過重を設けないと・・!  最近は自転車屋が忙しいらしい・・!          

ミニが足りないよ~・・・!

 あれ~・・もう夏だよ!  暦は、男爵様に内緒で立夏を過ぎてた。  何ですか・・「男爵様の家には暦が無いんだろう」・・って!  いや、有るけど字が小さくて読めないなかった・・(ホオッテおいてくれ・・)!  そう言えば、最近は日が長く感じるようになってきたけど、津波の被災地にも、同じ夏の日差しが当たっているんだよね。  ガレキの片付けも進んでるけど、陸に上った船の片づけは大変らしい・・!  100tを超える船が何10艘と陸上にあるけど、全部解体しないと片づけられないとか・・!  船が足りない時に勿体ない話だけど、仕方がないのかな・・!  片づけたい不用品は他に沢山有るんだけど(この際生き物は省きます・・ご了解を・・)!  最近は被災地にも車が走り始めている。  しかし、軽自動車・・つまりミニカーが圧倒的に多い。  それも中古車だ。  被災地では経済的にも新車なんか買えない。  だから、車庫証明とかの必要が無いミニタイプの・・それも安い中古車が引っ張りだこで売れている。  必要が多いと物の値段は上ってしまう。  5~60万円のミニカーが10万円以上値上がりしている。  日本人には秩序が有ると言うけど、この時期の値上げは何か複雑な気がするね。  そして、必要品の需要はミニバイクにまで及んでいる。  バイク屋さんに聞いたら、中古のミニバイクは殆どが被災地に送られて住民の足になっているとか・・!  避難所や仮設住宅地は限られた場所に設置されているから、車の置き場が狭いんだね。  ミニカー、ミニバイクと続いて次は何が要求されるのか・・・!  まさか次はミニスカートが被災地に・・・!  御免なさい・・ミニと思った瞬間に頭の中が真っ白になってしまって・・!  これだけは勘弁してほしいけど、被災地の住民が要求するならば男爵様も清水寺の舞台から飛び降りる心算で容認するしかない・・!  但し、これだけは年齢制限を設けないと逆効果になるかも・・!  熟〇軍団がミニスカート姿で押しかけたら、死人が出るかも・・!  ここは心を鬼にして体形審査を厳しくしなければ。  希望者は肉食を中止してベジタリアンになること必須だね。  でも時間的余裕がないな。  しかし計画実施には、男爵様の心の広さをここで示さないと・・!  腹の黒さ・・いや腹の広さや太さじゃないですよ、心の広さです、念のため。  でも、誰もそんな事を要求しない・・ですか?  やっぱりそうか・・被災地で必要なのは生活必需品と仕事なんだよね・・!  男爵様もここで考えを新たにして、何か被災地の為になることを考えよう。  え・・男爵様の小さい脳ミソでは良い考えが浮かばない・・と・・!  そんなこと無いですよ。  男爵様の脳ミソが小さい・・じゃなくて、頭蓋骨が大き過ぎるんです。  恐竜じゃなくても、頭蓋骨内の空洞を使って音を出すことが出来るんです・・・と言いたいけど、これは嘘です。  そんな事が出来たら、今頃は博物館に陳列されてるよ・・!  未だやり残したことが沢山あるから、博物館行きにはなりたくない。  先ずは6月の衣替に女子高生の初々しい姿を確認して(出来ればミニ・・)、その後は・・・あれ~紙面が足りない(本当は配慮が足りませんでした)・・!          

6月よ早く来い・・!

 ゴールデンウイークだね・・!  でも観光地は例年の半分の人出。  震災の影響があるみたい。  男爵様の個人的な意見としては、あんまり萎縮しないで全国的に経済を活発化させるために金銭を回した方が良いと思うんだけど・・!  萎縮、自粛だけでは負の連鎖になってしまうよ。  被災者だって観光に関係した人が沢山いるんだから。  テレビ、新聞では、高速道路は渋滞だけど、新幹線・飛行機は空席が有るとか。  つまり、車で移動する人は被災地に親戚を訪ねる人。  新幹線、飛行機は観光客らしい。  せめて今年くらいは海外旅行を止めて国内の観光地を賑やかにして欲しいね。  海外からも観光客を呼びたいけど、中国からはね・・問題がおおくて・・!  それとも背に腹は代えられないかな。  先日、宮城県の仙台市に行って来た。  高速の「仙台港北」で降りたけど、降りて直ぐに目に付いたのが潰れて横転した車と舗道の砂(海砂)だった。  仙台は地震の報道が少ないけど、仙台空港は一階部分が海水に浸かり、建物も被害を受けて閉鎖していた。  仙台駅も駅舎が壊されて50日間新幹線・在来線が止まっていた。  東北の象徴楽天の宮城球場も壊れて、4月29日にやっと試合が出来るようになった。  市内の道路はデコボコで夜間の走行はスピードを控えないと・・! 取り壊さなければならないビルは相当出るだろう。   しかし今は被災地も、全国の人に・・いや全世界の人に支えられて・応援されて復旧に一生懸命です。  復旧には全国からのボランティアを始めとして、自衛隊(第2、第7、第11、第9師団等)、警察(北海道警、神奈川県警、静岡県警、滋賀県警、千葉県警、皇宮警察等)、消防(東京都消防局、横浜消防局等)、日赤を始めとする医療機関等が一生懸命に真剣に取り組んでいます。  有難うございます。  ついつい敬語が出てしまったけど、本当に感謝しています。  一番感謝しているのは男爵様のブログにコメントを寄せてくれる熟女の皆様方にです(但し、これは男爵様だけが思っていることかも・・?#&%$)。  津波の被害は程度が分かるけど(少し語弊があるかも)、放射能被害は困りものだ・・!  放射能は色が無い、臭いが無い、形が無い。  従って何処にどんな量が有るのか・・検討がつかない。  浴びても自覚症状がないから分からない。  目に見えない被害は物的被害より自覚しずらい。  男爵様は原子力発電所の建設及び能力増強工事等で、約5年間程第一と第二発電所にいた。  現地は東電様様で意見には絶対に服従・・!  腫れものに触る心境の毎日。  発電所の娯楽・厚生施設は無いものが無い。  そして「驕る平家」じゃないけど、東京大学でなければ幹部の資格なし。  原子力発電所は儲かるから、施設も職員の給料もダントツにいい。  従ってその生活に慣れると・・ミスが出る。  現場で不測の事故が起こっても、文系主体の幹部には即対応が出来ない。  それが今回現実に表れたんだね。  「震度8でも原発は大丈夫だ」と言っていたんだが・・!  もう、想定外と言うことばは使えない。  今回の事故で、アメリカが支援に一生懸命だったけど、それは1号機と2号機の原子炉がアメリカのGE社(ゼネラルエレクトリック社)製だったから。  原子炉の定期点検には、アメリカ本国から黒人の作業員が沢山来ていた。  黒くて、大きくて(男爵様が小さいから・・?)、近寄るのが少し怖かった記憶がある。  女子高生とは雲泥の差だね。  もう来ることは無いかも・・!  

 どうも取りとめのないことを長々と書いてしまった。  次回からは以前の男爵様に戻って、熟女に挑戦しようと思うが・・。  無理かな・・体力・・特に体重で戦う前から負けているような気がしないでもないけど・・!  それとも6月の衣替えまで待って、女子高生パワーを貰ってからにするほうが賢明かな・・!  6月よ早く来い・・!  悩んだら毛が3本抜けた・・命の次に大事な毛が・・!  残りの毛・・数えてみようかな・・!

               

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ