最近のトラックバック

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

積載オーバー・・・!

 食欲の秋、読書の秋、馬肥ゆる秋・・・の真っ只中だけど、ついに股引のお世話になる事になった。  体はどう考えても下から冷えるようだね。  したがって短足の男爵様は、もう体の半分が冷えと戦っている。  そんな訳で綿の股引を引っ張り出してお世話になってる。  今から股引では、じゃ真冬は何を穿くの・・・なんて聞かれそうだけど、その時は遠赤外線の秘密兵器用股引を穿く。  ラクダの股引は遠慮しておく(金が無いので持っていない)。  昔は「風邪が万病の元」と行ったけど、今は「冷えが万病の元」だからね。  熟女の薄着は自殺行為だよ。  最近は男爵様も寛容になってきて、女子高生にミニを強要しないことにした。  だって、寒さで真っ赤になった太腿を温めてやることが出来ないんだから、これは仕方のないことだと思ってる。  冬は黒のストッキングかパンティストッキング(確認はしていないけど?)を穿いてる女子高生が結構見られる。  ところが、これが又男爵様の心を騒がせるんだね。  先日、医者に血圧が高めだと言われてしまった。  まさか女子高生が原因だなんて、神士の男爵様には死んでも言えない。  話が変わるけど、先日は男爵様を悲しませる出来事に出合った。  国道を車で走っていた時、歩道上を自転車に乗った人が前から来た。  近づくにつれ、自転車に乗った人の大きさに驚いた。  マゲを付けて浴衣を着せたら相撲取りだよ。  そんな人が自転車に乗って、重たいからユックリ・ユックリと近づいてきた。  あれ~・・足は太いけどスカートを穿いてる。  よくよく見たら女子高生だよ・・・。  いや~長年生きてきたけど、あんなに太った(大きいと言う表現の方がいいのかな)女子高生は初めて見た。  世の中は広いね。  これは女子高生に対する考えを改めなくちゃならないかと一瞬思ったよ。  それだけじゃない・・・自転車は軽車両だから飲酒して乗っちゃ駄目なんだよね。  そして軽車両は積み荷も制限されるんだよね。  と、言うことは100キロや120キロもあると自転車に乗っちゃ駄目と思うのは、男爵様の偏見か・・・?  女子高生も可愛いけど、自転車だって可哀そうだと思うよ。  二人乗りだって罰せられるんだから、重量オーバー(?)も当然ノーだと思うけどな・・・!  何・・・自転車で重量オーバーも取り締まったら、世の中の熟女は全員自転車に乗れないだと・・・!  お・お・俺ら知らね~よ~run・・!                

生きがいが無くなるよ~!

 最近の気温は、最高温度が20度を切ることが珍しくなくなってきた。  でも未だ雪には縁がなさそうだから一安心だ。  しかし、縁が切れそうなことがあるんだよ。  最近は古着がトレンドになっているらしい。  古着の買い取り、販売の看板がよく目につく。  実は男爵様も身の回りの整理をしたんだけど、その時に古着を処分した。  なんと不要な衣類が20キロ・・!  古着は1キロ30円で買ってくれたので、600円の臨時収入・・・!  アイスクリームが二個買えた。  一個は男爵様が食べたとして、残りの一個はどうしたかって?  女性が食べた・・!  どんな関係の女性かって?  う~ん・・回答が難しいな。  何・・・誰も関係なんか聞いてない・・・!  え~男爵様の一人相撲なのかい・・・!  暑いな~・・・体から汗が噴き出しているよ。  まるで裁判員裁判に臨む被告の気分だよ。  男爵様何か悪い事でもしたのかな?  話を戻すけど古着はよく売れてて、買った人は自分で好きな格好にリフォームするんだとか。  特に若い女性は自分だけのオリジナル洋服を作って、それを勝負服にするらしい。  残念ながら何処で勝負するのかは聞かなかった。  ただ、男爵様が処分した衣類は男物(一応)だから、大多数は海外に行くみたい。  それともウエスになって、誰かの工場の油拭きになってるかも。  しかし、ネクタイなんか10本以上だしたから、もしかしたらギャルのオリジナル服の飾りに使われてたりして・・・!  望みは薄いね(男爵様の頭を想像しないこと)。  ギャルがオリジナル服を作る時は、ヨーロッパ王朝風の御姫様を想像して作るらしい。  と、言うことは比較的長い服になるんだそうな。  極端なのは足首がかくれるんだとか。  10月1日には判決が下る(?)男爵様にとって、これ以上スカートが長くなるなんてまるで死刑判決が下るようなものだよ。  この冬はどうやって生きていけばいいのか・・!  とにかくスカートの長さは何とかしなくちゃ。  民主党に陳情するか?  エコ洋服はミニでなんて・・!  でも今回の民主党は女性が多いから、受け付けてくれるかな?  しかも、若い女性が多いね。  ミニを穿かなくても、男爵様の心臓に刺激を与えている女性議員が多い。  いつか国会の見学に行かなくちゃ。  サインは貰えるのかな?  待てよ・・女性議員に近づく前に、小沢一郎に一喝されてしまうか・・!  小沢一郎も整形をすれば、もう少し婦人票を取れるんだけど・・・!  余計なお世話か!  後はね、女性は何のために肌を露出するか・・・だって!  長くなったから次回に書くよ。  但し、何時かは未定です。      

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ