最近のトラックバック

« 2006年9月 | トップページ | 2007年5月 »

日本は女権国家?

 先日、仕事の打ち合わせで(本当はサボり・・)久しぶりにファミリーレストランに行った。    季節柄、トイレも近くなってきたので丁度いいタイミングだったのだが・・・ 。   食事の前にトイレと思って入り口からトイレ方向に向かうと、食事を終えた熟女の団体様がドドドッと出てきた。   紳士の鏡である男爵様はレディに対して即、道を譲ったよ。   身の危険を感じたからね。   ファミレスの入り口でオバチャマの体当たりを食らって全身打撲じゃ、社長に言い訳が出来ないからね。   それもメタボリックシンドローム対策で通路全体を明け渡した。   でも体格の良いオバチャマが二人並んで出てくると、通路の壁が掃除できるくらい袖を壁に擦ってる。   食事中いいだけ話をしたと思うけど、まだ話し足りないのか大声で喚きながらね。   喉が丈夫なのかな? 耳が聞こえないのかな?なんて思うのは余計なお世話かい?   でもね、男爵様が一番困ったのは、メタボリックシンドロームの熟女の半数が、男爵様が入ろうとしていたトイレに向かったんだよ。   これがギャルなら、外に出てもトイレに困らないようにとの心がけと受け止めるけど、兎に角その数に参ったよ。   女子トイレの数より多い人数の熟女がね。   当然満員御礼が暫く続くわけだから、賞味期限を過ぎたオバチャマの半数は男性トイレに向かって並んでるんだよ。   途端に恐怖を覚えたけど、現実だったね。   中で大と小に分かれてるといってもね・・・男爵様は「小」だけど、熟女の横をすり抜けて中に入っていけないよ。   この時くらい小心者(?)の男爵様の心臓を恨んだことは無かったね。   もし、これが「大」で下痢気味だったら気絶していたよ。こういう時って熟女に混じって 入ってもいいのかね?   おまけにトイレから出てくるときのドアの音・・・北の核実験より大きなバターンと言う音がした。   こんなところにも騒音公害があるんだけど、誰も口にしないのは何故って思うのは男爵様だけ?   トイレのドアが泣いてるよ。   もし、ドアが言葉を話すなら「折角気持ちよくしてあげたのに恩を仇で返すな」ってね。   ドアの気持ちがよく分かった男爵様だから、今度そのトイレに行ったらドアを優しく摩りながら、「痛いの痛いの飛んで行け」 って言って見るかな!   精神科に即、強制入院だったりして?   ブログを長く更新しない時は疑ってみてください。   

寝すぎたよー!

 前回の投稿から20日が過ぎてしまった。   ブログ仲間の皆さんの中には、男爵様が死んでしまったのか又は衣替えのショックで寝込んでしまったのか、と思った人もいたのでは?   ところがトッコイでこれが生きて居たし、衣替えのショックも最小限に済んだんだよね。  男爵様は精神的にも強くなったし、不死身・・・フェニックスだよ。   誰ですか?「悪ガキ(悪戯っ子)世にはばかる」なんていってる人は?   20日も空けるとブログを忘れかけたよ。   空けた理由は何かって・・・・それは「忙しかったから」と言うと思ってる人が大半だろうけど!      実はパソコンが入院してしまったのさ。   それも長期入院らしい。   以前からコメントの返事を書くのに調子が悪くて、一行に何分もかかって書いてた。   でも、10日前には完全に動かなくなってしまい、長期入院を言い渡されてしまった。   パソコンがないのは寂しいけど、先を考えると仕方がないよね。   ところが生活の掛かってる仕事が出来ない。   これにはギブアップしたね。   社長に話をしたら、直ぐに新しいパソコンを買って運んできてくれた。   流石社長、腹回りは太いけど(本人は言わないけど推定ウエスト120か?)、脂肪だけではないように感じたね。   しかし、本音は男爵様を遊ばせないために・・・これ以上は書けないよ。   でも、感心ばかりしていられないんだよ。   パソコンが使えない間に仕事は一方通行でドンドン入ってきて、富士山より高く積もってしまった。   新しいパソコンは製作会社も性能も違うから、慣れるまでが大変。   インターネット接続も途中まで自分でやりかけたけど、ギブアップ。   昨日、プロに頼んでやっと開通した。   見てると途中で一箇所入力間違いがあったんだね。   次回は自力でやってみようかな・・・でも故障がないほうがいい。   今回は言い訳で失礼します。

« 2006年9月 | トップページ | 2007年5月 »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ