最近のトラックバック

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

可愛い娘には・・・・!

 男爵様、スーパーの買い物も段々とプロの域に近づいてきたね。  こんな事を書くと「当たり前だ」と怒られるかも知れないけど、賞味期限のチェック、値段の確認と色々覚えてきた。  先日、特売で「もずく」が安く表示されてて、通常198円が138円となってたので2個も買ってしまった。  健康に気を使ってるよ。  レジで精算する時に、高校生のアルバイトレジ嬢が198円と読み上げながら打ち込んでた。  あれー、今日は特売で表示は138円と書いてあったのになー!  2個で120円・・缶コーヒー一本損したかなと思いながら、ここは心を鬼にして文句を言おうとしたけど、レジ嬢の顔を見たら文句の言葉が出なくなってしまった。  だって可愛いんだよ、その子の顔が!  ここで文句を言ったら、何罪かわからないけど逮捕されてしまうよ。  美人は何につけても特だね(これは勝手な解釈かな)、男爵様に文句を言わせないのだから。  それを許す男爵様も単なる中年の(誰だ!老年と言ってるのは)オジンなのかい?  昨日は床屋に行ってきた。  又誰かが「毛が少ないのに床屋で何処の毛を刈るんだ」なんていってそうだな?  余計なお世話だよ!  毛が少なくたって、料金は負けてくれないよ。  当たり前に取られるんだから。  何年か前に冗談で(いや苦し紛れかな!)「毛が少ないんだから料金は負けないのか?」と聞いた事があったけど、床屋の旦那の答えは「少ない毛は扱いが難しいから反対に割り増し料金を請求する」なんて反対に脅かされてしまった。  ここで新説だけど、頭の毛の量と床屋の料金は反比例するって発表するかい!  これは何処の学会誌に発表すればいいのかな?  誰か教えて。  このブログを読むと、毛生え薬の訪問販売員が団体で来るか?  来たって駐車場が無いよ。  6月から駐車監視員がグルグル回ってるから、毛生え薬を20本も売らないと駐車違反金は出てこないね。  話を戻すけど、床屋で「眉の下を剃りますか?」と言うから、「剃らない」と返事をしておいた。  ウトウトしてたら床屋の姉ちゃんが慌てた声で「済みません、片方の眉の下を剃ってしまいました、どうしますか?」なんてほざいてた。  どうする・・・なんて言われたって片チンバでは彼女とデートも出来やしない(又見栄を張ってしまった)。  仕方ないから、両方そろえてもらった。  でもさ、これで鉄漿(おはぐろ)でもしたら、平安貴族の顔になってしまうよ。  扇子で顔を半分隠しながら「麻呂は・・・・」何て言い出しかねないよ。  しかしね、ここでも文句を言えなかった。  理由は・・・・・皆分かってるのに言わせるんだよな。  そう、その通りです。  彼女は腰がはみ出るジーパンを穿いてて、か、か、顔が可愛かったんです。  でも、腕は・・・次回も行くかどうか迷っています。  暑いねー、脳ミソの温度が少し高いかな・・・。

三週間も・・・?

 ついに、東北も梅雨に入ったみたいだね。  雨でウオーキングを中止する日が多いよ。   そんな日が続いてるから体調がイマイチだね。  そんな訳で歯医者に、目医者に、胃腸科の病院と病院巡りをしているよ。  産婦人科はコースから外してしている。  少子化の時代だから、男爵様も何か出来るかと考えてみたけど、「時、既(すで)に遅し」で産婦人科にも相手にしてもらえないよ。  相手が若ければ何とかなりそうな気もするけど・・・・・無駄かな?  体調のせいにしてブログをサボっていたら、な・なんと三週間も経ってる!  時間は止まらないんだね!  男爵様とは全然違って真面目だ。  カチカチと音は小さいけどやるもんだね。  ここで感心していては駄目なんだけど、男爵様は980円の壁掛け時計にも叶わないのかな。  じゃ何には勝てるかと聞かれても、暫らく答えは浮かんでこない。  犬だってゴミ拾いをする時代だから、犬よりは・・・とも言えないしね。  昨日歩いていたら、そのゴミ拾いをする犬とT字路で出会いそうになったんだけど、ニァミスで終わってしまった。  交差点で男爵様と反対の方向に行ってしまった。  犬は小型のライオンに見えたけど、飼い主の女性はヒップしか目に入らなかった。  婦警さんは最近立ち番をしないで交番の中ばかりに居るし・・・、男爵様を警戒して上司が外に出さないのかな?  可愛い婦警さんになら男爵様は無抵抗で直ぐ逮捕されちゃうのになー。  世の中上手くいかないもんだね。  中々地球は男爵様を中心に回ってくれないよ。  ここで男爵様の観察日記を一つ書くよ。  全国チェーンのスーパーの入り口で(自動ドアでない)、両手に買い物袋を下げたオネエが表に出ようとしていたんだよ。  両手が塞がってるからドアを開けられないので、男爵様が開けてやろうかなと思ったけど、彼女(だと思う)の背の大きさに驚いて近寄れなかった。  推定で180センチ以上だね。そんな彼女は肩でドアを押し開けるかなと思ったら、プロレスのジャイアント馬場が使ってたジャイアントキックでドアを開けてしまった。  足を上げて、ドアの取っ手付近を足の裏で押し開けたんだよ・・・・。  もし、男爵様と争ったら男爵様はカカト落としで脳天を一撃されるね。  最近の女性は怖いよ。  「北斗晶」や「ジャガー横田」だけじゃないよ。  平成の時代は怖いものと言えば、地震、雷、火事、おや・・・じゃなくて、女だよ。(中々短く纏めれないね)  

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ