最近のトラックバック

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

男爵様は一流主婦(夫)!

 最近のスーパーは、男性の買い物客が多くなったね。  三分の一が男性なんて珍しくないよ。  それも一人で買い物籠を持っているから、カァチャンのお供ではないね。  何を言うか、男爵様もその一人だけどね。  最初の頃は、値段を見ないで欲しいものは全部籠に入れてた。  一月の買い物代は7~8万はかかってたと思う。  最近はね、物の値段が分かって高いか安いか区別が付くようになった。  この年になって成長したと思うよ(何処が?)。  少しは節約が出来るよ。  レジの人でも、買い物客でも顔見知りが出来たね。  昨日は若いレジ係りと話をしたら、高校生でアルバイトでレジをやってると言うことだった。  勿論女子高生だよ。  買い物客の中には、男爵様の買い物に異常に興味を持ってる主婦がいる(男爵様の思いすぎかな?)。  出会うと、「今日は何を買ったの」と近づいて来て、籠の中身をチェックする。  上から見える品物を声を出しながらチェックして、さらにその下に入ってるものをひっくり返しながら同じく声を出しながら全部チェックする。  オーイ、税関でもそんなに厳しくないよと思うのだが、そんな行為に反論できない男爵様がそこにいる。  世の中は厳しいね。  男爵様もレジに並んだ時は、レジ係りが好みでない場合他の人の買い物籠に目が行く。  男の買い物は手を加えない簡単なものが多い。  刺身、テンプラ、パン類(朝食か?)、熟年の人は漬物(男爵様も欠かさない)、そして缶ビールか焼酎の瓶が納まってる。  弁当も多いね。  給料日(だと思うのだが!)あたりは寿司類を籠に入れてる。  男爵様は弁当は買わない。  必ず米を炊く。  まぁ無洗米だから手間はかからないけどね。  でも最初は心配で洗ったよ。  メモを片手に買い物をしている中年男性は、怖い(それとも愛妻か?)奥さんに買い物を頼まれたのか、洗剤とか調味料が籠に入ってる。  お菓子類も買ってるから、男一人ではないね。  もしかして男爵様は探偵になれるかも!  そんなことでも考えてないと、一人暮らしなんかやってられないよ。  今日は珍しくブログで午前様だ。  

今日もただ働きだった!

  昨日、今日は朝晩寒いね。  モモヒキを脱がなくて良かった。  そんな中、寒くても立ち番の婦警さんの顔を一目見ようと毎日歩き続けてる。  ところが最近ね、可愛いあの婦警さんが見えないんだよ。  立ち番でない時は、交番の中で書き物をしたりしているみたい。  でも、昨日、今日は交番の中にも見えない。  気になるなー!異動になったのかな。  歩く気力が無くなっちゃうよ(また空振りのただ働きかー!)。  よし、ここは気を取り直して、怖いお姉様方の顔を思い出しながら続きを書くか。  またやってしまった!被害者のいないセクハラだね(男爵様も意味が分からない)。  歩く途中に何箇所も交差点がある。  特に駅前の交差点は歩行者のマナーが悪い。  事故に遭っても保険金なんかもらえないようなケースが多々見られる。  男爵様は信号が赤のときは、車が来なくても止まって青を待つ(当たり前だよ!)。  しかし塾女と思しきグループは一人が赤信号を無視して半分渡り、交差点の真ん中で止まって後の人たちを「早く来い」と叫びながら手招きしてる。  すると残った人たちは促されるように走って渡ってる。  そのオバちゃま達、信号待ちしている男爵様と目が合うと、ニヤッと笑ってごまかす。  3~40代の働き盛り(いや失業中かな)の人は、信号無視して渡っても横を向いてて男爵様と目を合わせない。  少しは罪の意識があるんだね。  老人男性は信号無視で目が合うと「いやースマン、スマン」と言いながら手を挙げて通り過ぎていった。  男爵様が謝られてもどうしようも無いんだけどね。  次は皆さんお待ち兼ねの女子高生。  単独では信号無視は少ない。  皆で渡れば・・・これが一番多い。  グループだと一旦は信号を見て止まるけど、車が来ないと分かると集団で歩き出す。  躊躇する子がいると、手を引っ張ったり後押ししたりして無理やり渡らせる。  いやー世の中で怖いのは女子高生、怖いものを知らないのも女子高生だね。  男爵様は男でしかも年が離れてて良かった。  交差点の真ん中に、手を引っ張られたり押し出されたりしたら、命が幾つあっても足りないよ。  今はオバちゃまもスピード狂の時代だからね。  男爵様も運転中時々追い上げられるけど、顔を見たら半分シワのおばあ様!  ここは敬意を表して様を付けちゃうよ。  運転席の背もたれが要らないくらい、顔をハンドルに近付けて運転してる。  まるでハンドルにしがみ付いてるようだけど。  男爵様いくら足が短くてもあんな格好では運転しないよ。  足元は外からは見えないから、椅子は少し後ろに下げてつま先でアクセルを踏んでる。  でもスタンドで車を移動されるともっと椅子を下げられるんだよ。  スタンドの可愛い子が車を移動したのに、男爵様が乗ってアクセルを踏もうとしても足が遊んでる。  悔しいね。  表向きは平然としてるけど、内心は穏やかでないよ。  偶に書くと長くなるね。  後は次回だね。  でも何時になるかは気分次第です!

若者(馬鹿者)に苦労する!

 4月の半ば!入学も就職も一段落したね。  皆落ち着くところに落ち着いたようだよ。  でも、入学にしても就職にしても、親との約束のところに落ち着いたから御褒美を頂戴と、親のスネをまだ齧(かじ)ってる若者(男爵様には馬鹿者に見える)が沢山いる。  先日、男爵様の車の調子が悪かったので、車屋で一時間ほどサボって車の調整をした。  「車の調子が悪くなくても行くだろう」って。  ハイ今までにも何回か行ってコーヒーを飲んでいました。  何で誘導尋問するんだよ!  そんな訳で車の点検中男爵様は暇だから、ロビーでコーヒーを飲んでた。  コーヒーを入れてくれた女性をナンパしたけど、結果は駄目だった。  「美味いステーキを食べさせる店を知ってる」ところまでは順調だったんだけどな。  年もピタリと当てたし、彼氏が居ないことまで聞き出したんだけど、何処で調子が狂ったのかな?  本筋に入るよ。  隣の席で40半ばの母親らしき女性と高卒か大卒か20歳前後の男の子が、セールスの説明を聞いてた。  母親は頭を抱えるようにして落ち着きが無く、両足をカタカタと鳴らしてた。  タップダンスじゃないよ、通称言うところの貧乏揺すりである。  若者の意見と母親らしき女性の意見が対立しているようだ。  耳を清(ス)ますと車の車種で対立してる。  若者は中古のセルシオを買いたいらしい。  母親はもっと安い車を望んでいるみたい。  当たり前だよ、月月10万の支払いになるからね。  多分資金は母親が出すのだろう。  セールスも結果を読んでて、あまり熱心には勧めていないみたい。  質問に答えるだけ。  母親はもう少し考えると言って若者を連れて帰って行った。  男爵様後で、若者が欲しがってたセルシオの値段を見たら430万だった。  男爵様の車で維持費を計算すると、燃費は街中だと5キロ/㍑、高速で8キロ/㍑くらい。  男爵様は毎月40,000円のガソリン代を払ってる。  但し会社持ちだけどね。  車検は150,000円、税金は60,000円余。  維持費は大変だよ。  多分母親はその日は寝不足だったと思う。  車はね、自分で稼いだお金で買って、どのくらい維持費がかかるか自分で確かめないと駄目。  一生で車にかかるお金は家一件分と同じだよ。  親に頼っては金の値打ちが分からないし、親も子供を甘やかしては安心して死ねないよ。  その内に事故でも起こせば家庭は崩壊だね。  何・・事故を起こさなくても崩壊しそうな家庭がある・・・誰の家庭だい?   Dー様の家庭?  良く知ってるなー!嘘、うそですよ。男爵様は家庭を大事にしています。  で・ないと命が足りないんです。  今日のオチは家庭事情をバラしてしまったな!

男爵様、少しヤキモチ!

 ここ二三日は我まま娘みたいで、天気もパッとしないね。  でも男爵様は雨が降らない限り、飲みに出かけない限りは毎日4.5キロ歩いてる。  昔のカルタにあったね「犬も歩けば棒に当たる」なんてね。  ところが男爵様が歩くと棒は棒でも警棒を持った婦人警官に当たるんだよ。  前にも書いたけど、歩く時に交番の前を通るルートを設定してる。  先日は居たんだね、お目当ての婦警さんが・・・。  向こうから声を掛けてくれて、その声を聞くと男爵様すっかり張り切って疲れと年を忘れるんだよ。  何時も交代で交番の前に立ってるんだけど、先日は一番若くて(年のころ20歳前後かな?)男爵様お目当ての婦警さんだった。  婦警さんはメガネをかけたオバちゃま(40~50歳かな)、体格のいいお姉様(柔道が強そうで20代後半か)、そして美人で可愛い若い彼女と3人勤務しているみたい。  皆拳銃を下げて防弾チョッキを着てる。  拳銃は重そうで男爵様が代わりに持ってやりたいくらいだけど、これは却下かな。  世話やいただけで逮捕だね。  でも若い彼女には可哀そうだよ。  防弾チョッキだってかなり胸を締め付けてるよ。  発育途中の女性には害だと思うけどね。  これは余計なお世話かな!  警察と世の中のオバちゃまに袋叩きに遭いそうだからやめよう。  あの交番には発育途中の女性は・・・これもヤバイな。  実は先日若い婦警さんに会ったときに、少し歩くのを休んで話をしたんだ。  そのときに男爵様が「男爵の独り言」と言うタイトルでブログをやってるから、パソコンを持ってるのなら一月くらい前のブログに貴方のことを書いたから検索してみたらと言ったのさ。  彼女はタイトル名を繰り返し聞いてたから、もしかしてこのブログを見てるかも・・。  だとしたら少しヤバイかな?  だってセクハラした訳じゃないし、携帯の番号を教えるように迫った訳でもないし、・・・これは大丈夫だね、無罪だ。  でもその時に少しだけ男爵様ヤキモチを焼いたのさ。  原因はね、彼女は交番の前を通る人皆に声を掛けてるんだって。  男爵様一人に「今晩は」って言ってるんじゃないんだって。  それもそうだよね、男爵様だけだったら余程マークされてるか、好意をもたれてるかだけど後者は絶対に無いし無理だね。  即逮捕だよ。  気分転換に仕事をするかな!  こらブログの合間に仕事をしてるのか(社長の声)?(どうも、そうみたい)

馬でも飼ってるのかな?

 4月になったね、いよいよ桜かな。  でも貧乏暇無しが続いてる。  当てのない旅みたいなもんだよ。  時々旅の掻き捨ての恥を楽しんでるけどね(意味不明)。  そんな中、土曜日はスーパーも混んでるね。  男爵様は一人暮らしだから、自分で買い物をする。  当たり前だけどね(悔しいけど誰もやってくれないよ)。  夕方行くとレジが混んでて暫らくの間並ぶね。  皆キョロキョロして一人でも並んでる人の少ないレジを探してる。  見つけた時の素早いオバちゃんの動きは、普段の食べちゃ寝からは絶対に想像出来ないよ。  女は変わり身だね。  男爵様も見つけたのさ、4~5人平均並んでる中で一人しか並んでいないレジをね。  男爵様オバちゃまに負けない速さでそこに並んだんだけど、何か様子が変なんだよ。  一人なのに籠がレジに1個、足元に4個と計5個置いてある。  レジ台の1個はオバちゃんの買い物籠として足元の4個は誰のだ?  さては4人が籠を置いて場所取りをして、忘れた物を買い足しに行ってるのかな?と思って大人しく並んでた。  最近は子供の教育も必要だけど、オバちゃん教育も絶対に必要だと心で叫びながら(口に出しては絶対に言えないから)。  ところが誰も戻って来ないうちに並んでたオバちゃんが足元の籠をレジ台に上げて続けて精算していくんだよ。  えー、これ全部オバちゃんの買い物かい?  そうなんだよ、レジの合計金額25000円余。  袋も10枚くらい。  どうやって持って帰るんだよ、助っ人が居る様子もないし。  車だとしても駐車場までカート1台では運べないよ。  まぁ、他人のことだから余計な心配しない方がいいかな。  でもあんなに買って何人で何日分なのかな?  それとも田舎で馬でも飼ってて食べさせるのかな。  しかし、馬は肉を食べる?カップヌードルを食べる?チョコを食べる?  また余計なお世話をしてしまったな。男爵様その時のかいもの占めて1500円なり。  何か寂しい思いをしたね。  中でも一番高い買い物は国産キムチ(韓国のじゃないよ)で313円だった。  袋の中に肉類無し、甘いもの無し、懐には健康だけど、体にはどうなのかね?  じゃ又ね・・・・

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ