最近のトラックバック

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

一人暮らしも9ヶ月!

春を体で感じるようになってきたね。  車で移動する時にクーラーを付けてた。  テストじゃないよ、熱かったからなの。  早いか、遅いかは考えようだけど、いわきに来て9ヶ月だよ。  最初は2~3ヶ月手伝ってくれが、今じゃ「後何年か居てくれ」だもんね。  男爵様月と年を聞き間違えたのかな!  いわきも居心地はいいけど、ブログで紹介したように色々有ったね。  先日スーパーに行った時、カラのペットボトルを持っていって空き缶入れに入れようとしたら、掃除のオバちゃんに「ゴミは自宅でゴミの日に出して」と言われた。  確かに一理あるよね、いや十理くらいかな。  でも男爵様は納得いかなかったから、少しだけ食い下がったのさ。  証拠はないけど「このペットボトルはここで買ったんだよ」ってね。  更に追い討ちをかけたんだ、「空き缶入れは何のためにここに置いてあるのか」とね。  オバちゃんは面倒くさいと思ったのか、それとも男爵様が怖かったのか「じゃ入れていいよ」と言った。  男爵様は店長を呼べと言いたかったんだけど、後でオバちゃんがクビにでもなったらこの先職もないだろうと勝手に考えて、それ以上は言わずにその場を離れた。  持って行ったペットボトルはしっかりと空き缶入れに入れたけどね。  その時のやり取りで頭の中は少し熱を持って、オーバーヒートしてたかな!  その後何を買いに来たのかさっぱり思い出せなくて、スーパーの中を行ったり来たりしてた。  でもカートは押してないから邪魔にはならなかったと思うよ。  横幅もそんなにないと思うから(誰と比べてかは宿題です)ね。  春の合宿だと思うけど、男子高校生が買い物をしていた。  それとなく横目で籠の中を覗くと、肉、肉、肉で他の品物が入っていない。  おい、あんた達は虎かライオンの生まれ変わりか?と言いたかったね。  あれでは長生き出来ないよ!アメリカの強気はこんなところにまで表れてる。  親も学校も何もかも悪いね。  物事を言うということを極力避けてるもんね。  良くても悪くても流れに逆らうことをしない。  見ざる、言わざる、聴かざるのオンパレードだよ。  だから男爵様は目立つ。  話しは変わるけど、王ジャパンは物語を作ってくれたね。  いいところで負けて、いいところで勝って衰弱気味の日本全国に良薬を与えてくれたよ。  まぁ一番の立役者はメキシコで、一番驚いたのもメキシコだけどね。  男爵様は少しだけテレビを見たけど、食事が喉を通らなかった。  精神的に参ってた。  後で恐る恐るニュースを見たら、王監督を胴上げしてたからもしかしてと思ったらやっぱりもしかしてた(意味不明かな?)。  途端に食欲が出たね。 人間なんていい加減だけど、その中心にある胃もいい加減だね。  待てよ!これは男爵様だけかい?

あわや!勿体無い・・・

 週末、正月以来70日ぶりに我が家に帰ってきた。  雪は日陰に少し残ってたけど、路面には無くドライブは快適だったね。  我家に着いて恐る恐る表札を見たよ。  大丈夫だったね、男爵様の名前がしっかりと書いてあった。  他人の名前にはなってなかったよ。  家の中に入ると家族全員が元気で住んでた。  先ずはメデタシ、メデタシだね。  ところが昔の諺に「行きは良い良い帰りは怖い」と言う言葉があったね。  全くその通りになってしまった。  いわきに帰ってくる時は生憎の雪降りで風が時々吹いてた。  冬タイヤを夏タイヤに履き換える為に帰ったのに、換えれなくて夏タイヤを車に積んで帰ってきた。  出だしの盛岡は路面に雪が積もっていて、坂道は徐行しないと車が横向きになってしまいそう。  高速に入っても福島県に入るまでは所どころで吹雪になってた。  福島県は路面状況もよく、スピードも出る。  男爵様も調子に乗ってかなりのスピードで走っていたが、その男爵様に追いついてきた車があった。  栃木ナンバーのワゴン車で40才くらいの男の人が運転していた。  男爵様は眠気覚ましに、その車を引き離したり追いつかせたりしながら遊び半分で運転していた。  でも遊びに飽きたので、追い越し車線から走行車線に移って後ろの車を前に行かせた。  と、途端にサイレンが鳴ったような気がして耳を澄ますと間違いなくサイレンの音だった。  白いクラウンの覆面パトカーが屋根に赤いライトを載せ、栃木ナンバーの車を追って猛スピードで走って行った。  いやー、いいところでスピードを落として進路を譲ったから助かったんだね。  それにしてもパトカーはかなり前から二台の車をマークしていたんだね。  4~5キロ走ったらパトカーが捕まえた車を先導しながら、100キロ前後で近くのインターに向かってた。  男爵様はその側を105キロでゆっくりと追い越しながら運転手の顔を見ると、苦笑いを浮かべてた。  パトカーの運転手は真面目な顔でチラリと男爵様を見ながら、心の中では「アンタを捕まえても良かったんだぞ」と言ってるようだったけど聞こえない。  本当はどちらでも良かったんだよね。  男爵様の計算では45キロオーバーで反則金6万円位かな?  これを勿体無いと思うのは男爵様とマータイさん(ノーベル平和賞を貰ったアフリカの女性)だけかな!  最近の覆面パトカーはナンバーも300で普通の車と変わらないから、見つけるのが難しいよ。  つまりはスピードを出さなければいいんだけどね。  でも高速に入ると短い足が自然と伸びてるんだよね。  ここは安全運転に徹するか!  一晩寝てもこの気持ちが変わりませんように!って誰にお願いすればいいのかな!  とにかく寝てみるよ!

また強盗予備軍が!

 春だよ、春!そんな気分だね。  今日は風が強かった。  工事現場の人達は設備の維持に忙しそうだったよ(風で飛ばされないように)。  自称気象予報士の男爵様の意見としては、春一番みたいな気がしたね。  ミニスカートの女性には十二分に楽しませてもらった。  だけどこれって礼を言うのかい?言うとすれば誰に言うのかな!  風か、女性か?うー、何か殺気を感じる。  軌道を修正しようかな。  最近はインフルエンザの影響が薄れて、マスク姿の人が少なくなったと感じてたんだけど・・・。  人の素顔が見れると言うことは安心できるよね。  一部の顔は除いて・・・。  一部の詳細は省略して先に行くよ。  男爵様春を満喫してる訳ではないんだけど、ここ数日前からまたマスクが増えたんだよね。  また銀行強盗かと思わず貯金通帳の残高を確認するところだった。  良く考えたら花粉の季節が来たんだよ。  男爵様はこの年になるまで、幸か不幸か花粉症を知らない。  いい人生を送らせてもらってる。  神様は見るところは見てるんだよ。  でね、今日は警察のパトカーとすれ違った時に少しビックリした。  少しとはどういう意味かと言うと、パトカーのお巡りさんが大きなマスクをしてたのさ。  お巡りさんがマスクをしてピストルを下げてたら、いくら制服を着てても何か違和感があるよ。  花粉はお巡りさんにも影響を与えてるんだね。  流石のお巡りさんも花粉は逮捕できないのかな?  またまた話しが変わるけど、春と言うことは空気が乾燥していて、火事になりやすいんだよね。  毎日消防車が走っていく。  夜は火の用心で消防車が巡回してるけど、驚いたことに軍歌(軍艦マーチ!)を流しながら走ってた。  最初は右翼の街宣車だと思ったけど、なんと色が黒や灰色じゃなくて真っ赤だよ。  右翼より凄いのは、軍歌の他に時々鐘とサイレンが鳴るんだよ。   これじゃ右翼も真っ青だね。  これ本当の話です。

男爵様張り切ったけど!

 今日はね、いい事が有ったんだよ。  皆に聞かせたくないくらい、いい事が有ったんだよ。(もったいぶらないで早く話せって聞こえそう)  男爵様の日課で毎日4.5キロ歩いてるんだけど、そのコースに駅前交番が有るの。  大きな交番で何時も6~7人のお巡りさんが勤務してる。  今の日本の交番はお巡りさんが常駐していないことで有名だけど、この駅前交番は必ず誰かが居る。  その中に女性・・つまり婦警さんが2人居るんだよ。(うーん、段々と男爵節の調子が上がり始めたかな・・)  で、そのうちの一人は男爵様が歩く時間には交番の外に出て、警棒片手に道行く人の安全を見つめている。  多分そうだろうと思うんだけど、まさか男爵様が痴漢か何かをしないかと見張ってるんではないと思うんだけど。  確信は無いけど、いやそう思いたいね。  今日、男爵様が交番に差し掛かると、その婦警さんと男爵様の目が合ったんだ。  いやー体の中を電気が走ったみたいでビビッと来たね。  そうしたら婦警さんが大きな声で「今晩は・・」だって!  イヤー男爵様すかさず声を上ずらせながら、「どうもどうも」と答えて手を振りかかったよ。  止まって話をしようかなと不埒な考えが一瞬頭を過ぎったけど思いとどまったよ。  だって交番の中には逮捕が生き甲斐なんて言い出しそうな、屈強な男のお巡りさんが何人も屯(たむろ)してるんだもの。  でも婦警さんに声を掛けられたら、アパートを出て4キロくらいの所だけど今までの疲れが何処かに吹っ飛んで行ってしまった。  もう一回り(4.5キロ)歩けるくらいだったね。  しかし人間の疲れなんていい加減なものだね。  オリンピックに出ても美人に応援されたら、金メタルを取れるかも!  こう思うのは男爵様だけかな!  腹回りの脂肪も心なしか減ったみたいな気がしてきたよ。  少し調子に乗りすぎかな?  でも、あの婦警さんの携帯番号をゲットするまでは歩きを止められないよ。  セクハラで逮捕の方が先かな?  年のころ22~3で申し分ないんだけど、腰にはピストルを下げてたしなー!  うーん、どうするか今晩一晩考えてみるわ!

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ