最近のトラックバック

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

男爵様は酒に弱い!

 世間では強面の人は酒が強いと言われてるけど、それから推測すると男爵様みたいなイケメンは(ここは自己申告で!)酒に弱いことになるよね。 当たりです。 男爵様は酒が無くても寝れるし、勝負時には(特に髪の長い人が近くにいるとき)少量の酒でも酔った振りが出来るんだよ(;_;)/~~~。 男爵家の家訓は「酒と女は両立しない」なんだよね。 じゃ酒に弱い男爵様は何かい?女に強いとでも言うのかい? 自己申告ではシークレットだな。 でも世間一般の人は、二言目には「お酒が強そうで」なんて言いながらよくアルコール類を男爵様に呉れるんだよね。 じゃ何かい、男爵様はイケメンじゃないのかい?って疑問が湧いてくるのさ(>_<)。 しかしここは世間の人の目が正しいみたいだね。 鏡もそう言ってるよ。 悔しいけど小さ目の白旗を揚げるさ(T_T)/~~~。 それでね本題なんだけど、男爵様の家にはウイスキーとかブランディが沢山手付かずで有るの。 古いのでは30年前のサントリーXOブランディ、ニッカのVSOPブランディ、麒麟のVSOPブランディ、ナポレオンのNブランディ、あとは20年前のシーバスリーガル、グランツ、デインプル各ウイスキーだね。 客や知り合いが来たときは、「好きな瓶を開けて飲んでいいよ」と言うんだけど誰も遠慮して口を切らない。 男爵様、腹のうちではヒヤヒヤ(冷や冷やかな?)しながら進めてるんだけど、殆んどが思う壺だね(^O^)/。 最近は安いウイスキーを2~3本交えておくと、皆それに手を出すよ。 これは飲ん兵衛救済策なんだ。 男爵様は優しいな。 でね、その酒の置き場所なんだけど、ここはやっぱり雰囲気を大事にして男爵様頑張ったよ。 50万円のサイドボードを買って保管してるのさ。 実はこのサイドボードのことを書きたかったのね。 胸の支えが半分取れたかな。 でもこうやって書くと家に来た人は皆酒、酒と騒ぐかな? よし、暫らくは住所を伏せておくか(女ネズミ小僧が騒ぎだしたかな?)。 最後に素朴な質問なんだけど、瓶詰めでも長年経つといくらか熟成が進むのかな? 誰かアルコールに詳しい人が居たら教えてくださいm(__)m。 価値なしかな? こう言う時には誰も見てないんだよなー。 じゃ教えてくれた人には30年物のVSOPの口を開けてもらうと言うのはどうかな? 価値なしでは駄目か! 今夜はふて寝だぞー。 

東北にも夏が来たよ!

  暑いよ、東北も夏だね。 やっぱりお天道様は公平だよ。 日本全国に光を当ててくれるね。 男爵様は自分で光を出してるって?余計なお世話だよ。 今日も歩いてきたけど、汗の量が多くなってきたね。 でも、交差点をわたる時は右折、左折の車が待ってるから、一応は走ってわたるわけ。 少々短い足でもピッチ走法で走るから、自分では早いと思ってる。 でも時々歩いてわたるときがあるのね。 それは車椅子とか、男爵様より大先輩の人が渡ってるときなのさ。 歩調を合わせてわたるとその人たちは安心するんだね。 ここで一句、交差点(本当は赤信号)皆でわたれば怖くない(盗作)。 ハイヒールの美人がわたってるときはどうするかって?うーん難しいな、セクハラの問題もあるから宿題にしておこう。 歩道を歩いてる時は対向者はいいけど、追い越すときはタイミングが必要なんだよ。 追い越しざまに顔は見れないし、歩道が狭いときでも押しのけることも出来ないし、同じ速度だと並んでしまうけど手も握れないし(女性の場合だよ)。 中には男爵様好みで追い越すのが勿体ない女性もいるんだよね。 モンローウオークで前を歩かれては、これは暫らく付き合うしかないよ。 1m位後ろから、まだ見ぬ顔を想像してニヤニヤしながらね。 これが結構楽しくてウオーキングが続いてる原因かも。 しかし、いい事ばかりではないよ。 突然に後ろを振り向く人もいるからね。 当たり外れは50%、逆に男爵様の顔を見て驚いた顔をする人もいるけど(目が悪いみたい)。 でもたまーに、本当にたまーにだけど、男爵様の好みでない臭いを発してる人もいるのね。 スタイルと顔と臭いは一致しないんだね。 冬はスタイルと顔に騙されていたけど、暑くなると男爵様も利口になったよ。 高校生位までは、男も女も少々汗くさくても何か健康的で、思わずオーケーを出してしまうけど・・・・これも後は宿題。 長くなったから・・・・ 

これは罠だ!

 イヤー参ったね! 「G」センセーから厳しい質問が来てしまった。 これに答えると男爵様は世の中の女性(?)38%を敵に回してしまうんだよ。 男爵様は平和主義者なのにGセンセーは男爵様と女性達を闘わせようとしているんだよ。 なんか悪徳プロモーターみたいだな。 段々と胃腸が苦しみだしたよ。 たかが胃腸のくせに「暫らくブログを休め」なんて男爵様に命令してるよ。 これ以上騒いだら「胃の摘出手術をするぞ」って脅かしてやるか。 あーいやだいやだ!何て答えようかな。 よし、誰にも迷惑の掛からないように、男爵様の独断で答えよう。 男爵様が女性と認めるのは、お肌の曲がり角(古いな!)まで。 そう女性と呼べるのは25歳まで。 まてよ、これでは世の中から女性が消えてしまうな。 少し基準を下げるとするか。 そうだ、食事の後に当然と言う顔でアイスクリームを追加する女性。 その年齢以上をJYUKUとするか。 うんこれは良いかも。 でも男爵様の孫娘もアイスなんだよな。 これは却下か。 よし、Gセンセーもうこれが最後だよ、最後。 バイキングで口の中が一杯なのに、それでもモグモグしながら片手でずり落ちそうなパンツを抑え、獲物の料理を取りに走っていく女性。 決まり、これで決まりだね。 あーあ、俺知らないよー。 誰が何と言って訴えても、男爵様はこれで行方不明になります。 命拾いしたー。 

人集めはただ食いだよ!

k0ugenn-1 岩手県は前沢牛、岩手短角牛とかの良質な肉牛の産地だよって、何回も書いてたよね(初めてだったかな?)。 でも、どこも同じで産地だからってタダの肉は無いんだよ。 男爵様はへそ曲がりだからベジタリァンなのね。 肉が無くても死にはしないし、苦にもならないんだ。 肉は息子の嫁さんが料理したものしか食べないの。 「何故」って聞かれても、答えは難しいな。 男爵家の炊事班長は嫁さんだからね。 我が侭を言うと食事が当たらなくなるなんて事は・・・?考えていないよ、いない。 本当だよ、これは本当。 しかし、たまーにだけど時々老後のことが頭に浮かぶんだよなー。 そんな男爵様は、新聞で「岩手牛の無料食べ放題」なんて言う新聞記事を見つけたのさ。 これは行かねば、と記者魂が(勝手に思ってます)もう車に乗ってるんだわ。 会場に近づくと前方は車、車、車です。 田舎には珍しい渋滞風景です。 500mを30分位で駐車場らしき場所に到着し、誘導員が指差したその場所は牧草を刈り取った山の斜面。 もし雨だったらスリップで進めない。 男爵様の車はFUORだからスイスイ進んで斜面に直角に止めてOK。 少し歩いて会場に近づくと今度は人、人、人(少し太目が)だよ。  一瞬グレイのコンサートと場所を間違えたかなと思ったからね。 岩手県にこんなに人が居たっけ?なんて思いつつ良く見ると、それもねここだけの話しで小さい声で言うからね、jyuku,jyukuレディが2/3なんだよ。 これは携帯で特派員報告だなと思ってモニター見たら圏外さ。 特ダネ一丁逃してしまったよ。 そこでデジカメの登場だよ、デジカメ。 左上の写真が肉塊を丸焼きにしているところ。 14~5キロ位の肉塊だったね。 焼肉を受け取るところは何百人が行列で、最後尾は多分肉にありつけなかったと思うよ。 でも一日で1000キロの肉を食べたというから、牛はとんだ災難だったね。 しかし人間はタダに弱いね。 1年の食いだめ競争で、歯どころか歯茎まで見える大きな口で食べてるよ。 中には喉チンコが丸見えで、これは猥褻物陳列罪にはならないのかな?。 レディのチンコは無罪かい?。 日本の法律は不平等だな。 でも心配事が一つ有るんだよ。 肉に付いてた脂肪も肉と一緒になくなってるのさ。 何処に言ったと思う?解る人はファイナルアンサーだよ! あーあ、日本もアメリカサイズになっていくな。 また寝れないよー、小岩井に行くか!   

今日の講師は男爵様!

 先日tougyuu-1、岩手県北部の山形村(山形県ではないよ)と言うところで闘牛大会があったのね。   早速男爵様、珍しく早起きして(でも7時だった)出かけて行ったのさ。 牛と闘うためではないよ、見にいったんだよ。 牛は14頭集まって、と言うことは取り組みが7番予定されていたんだね。 その内の5頭は、去年の中越地震で被害を受けた小千谷市から、山形村に疎開していた牛だったんだね。 だからこの日は小千谷市に帰る5頭の牛の送別会兼壮行会だったんだよ。 但し、酒肴は無しで牛も喜んでる風には見えなかったけど。 ここで歴史の勉強を少しね。 勿論先生は男爵様だよ。 何、文句がある!授業料は取らないから、黙って聞くの。 藩政時代の南部藩は今の岩手県の4/3、青森県の半分、そして秋田県の一部を領土としてて、日本で一番面積の広い藩だったのね。 でも、大部分は山で作物はあまり取れなかったの。 そんな中で、海水から生産した塩や海産物を内陸に、内陸の農産物や工業製品を海岸部にと、牛に積んで運んでいたんだよ。 それが今の国道271号線なの(別名塩の道)。 ところが当時の道は狭い道だから、牛の隊列が出会うと片方が道を譲らないと通れないんだね。 そこで先頭の牛を戦わせて負けたほうが道を譲ると、そこから闘牛が岩手県に生まれたんだよ。 隊列は一番大きくて強い牛を先頭にして、南部牛追い歌を歌いながら進んだんだね。 その宿泊場所が今の山形村かな? 今も闘牛を生産していて、優秀な子牛は新潟、徳之島、沖縄まで買われていってるんだと。 だから新潟からの疎開牛が山形村に来てたんだね。 里帰りだね。 勢子の半数は新潟から来た疎開牛の飼い主達で、観客も沢山居たよ。 会場には募金箱が二箇所設置されてて、地震の義援金を募ってたから男爵様も入れてきたよ。 幾ら入れたかって?・・男爵様ねマジェスタで乗りつけた手前、コインというわけにはいかないでしょう。 募金箱の傍に居たギャルがまた可愛かったのさ。 だから少し見栄を張って紙幣にしたんだよ。 お陰で昼はざる蕎麦だけさ。 阿武さん!写真に写ってる牛に宜しくと 伝えておいたから、伝言聞いてやってね。 だけど大きな牛だったな、体重1トンだって。 熟女様何人分かな? ヤバイ、今日はこれまで!

男爵様半快(意味不明?)

 男爵様、今日からまた登場だよ。 何!もう少し休んでろって。 いやいや2日も休むとネタで頭がパンクしそうだね。 頭頂部の皮(毛は少ない)なんか風船みたいに薄くなってて、もう1日休んでいたらネタが脳ミソと一緒に飛び出していたかも。 脳ミソの量は自己申告でスプーン一杯位かな? 恐竜と同じだね。 でね、休んだ理由なんだけど、剃刀で右手(足じゃないよ)薬指を2箇所切っちゃったの。 男爵様、髭が硬いから両刃の剃刀の刃を3~4回使うと交換するんです。 その時によそ見をして切ってしまったの。 男爵様血圧が高かったのかな? よく血が出たね。 抑えても噴出して来るんだよ。 風呂の洗い場1/3が赤くなったよ。 男爵様の風呂は1.25坪有るんだけど、その1/3だよ。 手で押さえても止まらないから、ふりチンで洗面所に出てテイッシュで数分間固めてたら止まったみたい。 だけど痛くてね、薬指の傷口がマウスに当たると一層痛むんだよ。 だからブログを暫らく休んだわけです。 今はカットバンで傷口を押さえるだけでいいので、こうしてパソコンに向かってます(誰にも見えないか?後ろから見ると、哀愁が漂ってるなんて言った人が要た)。 ブログを休んでいたときもウオーキングは続けていたのね。 昨日だけど、その途中で歩道上に粘土の塊みたいなのがあつたから、男爵様ガキの頃を思い出して思い切り蹴っ飛ばしたのさ。 そしたらグチャだよ。 正体は犬の糞だったんだよ。 最近の犬は随分と太いのを出すんだね。 男爵様考えたよ、俺は犬よりケツの穴が小さいのかな?と。 心を落ち着けて続きを書くよ。 男爵様の歩くコースは幅の広い歩道で街路樹が10m間隔位で植えてあるんだけど、有るわ、有るわ街路樹の枡に犬の糞が。 ここは犬のトイレか?と勘違いするよ(いやしてるかも)。 ところが雨が降ると、その糞が溶けて樹木の根に吸収されるのか、心持ち小さく見えるんだね。 そう考えると、最近の街路樹は葉が青く生き生きとしてるようにも見えるけど。 でもね、見てると道路管理者は定期的に草取りをして(シルバー部隊が請け負ってる)肥料をやってるよ。 だから犬の糞は余計なお節介みたいだね。 3キロを往復歩くと、10匹の犬に出会うね。 勿論飼い主も10人だよ。 犬だけだと「のらりんの母さん」じゃない、野良犬だよね。 でもビニールの袋とシャベルを持った人は半分だよ。 このブログを読んだ人は正しい飼い方をしている人ばかりだと思います。 (こう言う風に書かないと又苛められるんだよな)    ★ これは真面目な話しです。 男爵様が休んでいるときに、何人かの方から見舞いらしき(?)コメントを戴きました。 有難うございました。 お陰さまで全快までは行かないけれど、半快です。 全快まで憎まれ口を慎んでブログを続けます。 グッド・ラック

タイトルなし!

 風呂場で髭を剃らずに右指を剃ってしまった。 2~3日サボる。

チャグチャグ馬っ子だよー!

tyagutyaguuma-s 今日はね、盛岡近隣市町村の昔からの馬のお祭りなんだよ。 主に農耕馬だけど、南部藩は昔から馬と牛の産地だったんだね。 東北に一大拠点を築いた藤原三代は、優秀な馬を朝廷や貴族に送り繁栄していったんだよ。 そして地元でも馬を使って農耕を行い、南部20万石を支えていたんだね。 だから南部曲り屋なんて住居と馬小屋が一緒になった建物が今でも残っているよ。 しかし、ご飯を食べながら馬が見えるんだよ。 風向きによっては・・・臭うんだよ。 オカズ要らずだね。 アブは(阿武さんではないよ)行ったり来たりだし、ハエも蚊も飛んでたと思うけど。 昔の人はそれでも馬を可愛がったんだね。 今は人が我子でも殺す時代だからね。 それでそのお祭りなんだけど、馬の苦労をねぎらう為に馬に衣装を着せて(馬子にも衣装ではないよ)、16キロ行進するの。 馬はね、重たい衣装を着せられて迷惑だって嬉しくない顔をしているよ。 それより人参の一本でも呉れよって言う顔だね。 衣装と言っても馬鹿にしないでよ。 重さは100キロ位あるんだけど、なんと値段は700万円もするんだと。 貴方の乗ってる車は幾らですか? 馬が歩きながら呟いてたね、「人参何本買えるかな?」って。 今年は93頭の馬が参加してたけど、乗ってるのは女の子が多かったね。 オバさんでは馬が途中でギブアップ間違いなし。 女の子は稚児化粧はしてたけど、シワや厚化粧も無く将来楽しみだね。 喜んだのは男爵様だけではないと思うよ。 これを励みに(禿げじゃない)長生きしなくちゃ。 写真はその時のひとコマだけど、お母さんとお父さんが馬の両側から手綱を引いて、長女が鞍の上、長男が手綱の控えだね。 今度はクイズにしないよ。 最近の女性は(年に関係なく)ナカナカ鋭いものを持っているから、フアイナルアンサーのオンパレードだもんね。 体に脂肪が付くと脳ミソも大きくなるのかな? うむ、エンジンがかかってきたかな? また苛められそうだな、ここで急ブレーキか!    

母は強くて立派だよ!

 最近ね、男爵様はアッシー君をすることが多いんだけど、誰のアッシー君かはクイズにしておくよ。でも、勘の鋭いレディばかりだから、もうバレてしまったよね。 で、いつも行くスーパーの駐車場で誰かの買い物が終わるのを待ってるわけさ。 だいたい午後の4時頃になると、人待ち顔のお母さん達がその駐車場に立つんだね。 やがて間もなく小型のバスが駐車場に来るのね。 すると40歳位の女の人が降りてきて、続いて比較的若い人が多いんだけど、幼稚園児ではない数人の男女が降りてくるの。 男女は、最初に降りた女の人に挨拶をして、人待ち顔で立っていたお母さんらしき人に向かって駆け寄るんだよ。 その時のお母さんの顔、・・・・男爵様がこの世に生まれて見る最高の笑顔だね。 つまり男爵様が見ていた光景は、障害を持つ子供達を迎えに来ていた母親達だったのね。 子供を車に乗せて我が家に向かうお母さん、また自分より体の大きい子供と手を繋いで歩いて我が家に向かうお母さん。 お母さんは皆堂々として、胸を張って帰っていくのね。 やっぱり日本の(いや世界の)お母さんは強くて、立派で、優しくて、・・・男爵何だか少し書くのを休みたい気持ちだよ。 少年の事件が起こったとき(今日の教室爆破も含めて)、教育云々や躾がどうのこうのと批判する人は多いけど、世の中には、いや案外と近くに現実を受け止めて、自分の子供に精一杯の愛情を注ぎ、立派に優しく育てているお母さんもいるんだと、思い知らされた気がしたね。 男爵様ね、顔に似合わず案外と涙脆いところがあるんだよ。 今日はもう寝る。

又、落ちこぼれに箔がつく!

 いやー参った、参った。<m(__)m> 自分勝手に参ってるんだけど、マタマタ落ちこぼれに箔が付いてしまった。(>_<) サツキの木ね、男爵様、自信満々で載せたんだけど、直ぐに正体がバレてしまった。 実を言うと、写真を圧縮した時にsatuki-2と名前を付けてたんだけど、ブログで拡大の時にそのまま出てしまうんだよね。 おまけに回転を間違って、借金が有る人は見れない写真になってしまった。 教室の先生にも怒られてしまったし、タム姉さまにはブログにアップするかしないかの内に、「ファイナルアンサー」だもんね。(@_@;) これじゃ男爵様の威信に係わるよ。 あのサツキは、隣の旦那さんが比較的細いサツキの木を三本捻りあわせて、15年かかって造ったんだそうな。 15年物を簡単に答え出されたんじゃなー。 隣の旦那さんに対しても申し訳ないよ。 その旦那さんについて少し書くね。 年は男爵様と同じだけど、性格は正反対。 とにかく盛岡の男性は(男爵様も含めて?)真面目だね。(^O^)/ 朝は早いし、食事後の皿洗いはするし、掃除はするし、娘の(30何歳)送り迎えはするし、山菜は取ってきて殆んど男爵様の家に呉れるし(自分では食べないらしい)、男の見本(誰かが言ってた?)だね。 特に山菜取りと盆栽つくりはプロ、プロだよ。 イチローだって真っ青だね。 山菜は今の時期殆んど取りに行ってるよ。 その殆んどは山菜好きの男爵様の胃袋に納まってる。 極め付きは秋の山葡萄ジュース。 毎年取った山葡萄を搾ってジュースにして、ペットボトルで熟成させてるけど、本人は飲まない。 だから毎年男爵様に献上してくれるのさ。\(^o^)/ 100%山葡萄ジュースだよ。 もう一つは盆栽。 それもミニ盆栽だよ。 手の平に乗る小さいものから両手で抱えるものまで、ナ、ナ、何とその数約500個。 花も木もよく分からない男爵様でも何か惹かれるね。 手入れも行き届いてて、草一本無いよ。 但し、冬は全部屋内に入れるから、手間も大変、置く場所も大変らしい。 冬は寝るところが無いと言ってるとか言わないとか? その旦那さんの職業は質屋さんだったのね。 だから偽ブランド品なんか直ぐバレちゃうの。 男爵様もすっかり心の奥まで見透かされてるよ。<(_ _)> 男爵様の家に来るときはユニクロが一番だよ。 でなきゃ、思いっきり一流ブランド品ね。 ここで一つだけ付け加えておくね。 写真のサツキの正確な名前は「霧島ツツジ」で南の方にあるらしいです。 但し、「サツキもツツジも親戚だからね」と言うことでした。 本日の授業終わり!  

この木何の木?気にならない?

            satuki-2 * この写真の見方

 1.首を左に傾けて見る事。

 2.借金で首の回らない人は見ない事。

           3.人の失敗を喜ばないで見る事。(内心で喜ぶのはOK)

 男爵様家の隣の旦那さんが作った木です。 幹をよく見てください。   

また無題だよ!

  今日はね、悲しい知らせから始めるね。 男爵様珍しく真面目だよ。 昨日ね、東北自動車道で小熊が撥ねられて即死したんだって。 理由はどうあれ、親熊は悲しかっただろうね。 おそらく泣きながら、後ろを振り返りながら山に帰ったと思うよ。 人間は勝手に熊の住処に入ってきて、高速道路を造って走り回ってる。 おまけに、今年生まれたばかりの何の罪も無い可愛い我子を、何故殺すんだと叫びながら。 現場付近はね、右も左も山で、その中を高速自動車道が山を二分して造られてるの。 猿だと、安く橋を架けて行き来が出来るけど、100キロの熊が渡る橋はね。 今年に入って高速道で撥ねられて死んだ熊は、岩手県だけで2頭めなんだ。 男爵様も夜中に高速道を走っていて、イノシシの死骸に出くわしたけど、辛うじて除け切った。 あの時は一瞬駄目かと思ったけど、今こうしてブログをやってる。 命は大事だよね。 アフラックは入ってる? 岩手県は毎年熊の出没情報が200件有って、襲われる人は10~15人位いるんだね。 出没だけではニュースにならなくて、襲われるとテレビ・新聞に出る。 中には熊に勝った人もいるんだよ。 男爵様ではないよ。 男爵様は、熊にも女性にも弱い。 話し変わって今度は、黒石野教室からブログ初登場の人を紹介します。 ブログ名は「GYOさん」。  GYOさんは桁外れの優等生で、何から何まで男爵様と正反対の人なんだ。 背は高く、足は長いし毛も多い。 教室では優等生で、習ったことは必ず復習して作品を教室に持ってきて飾っている。 授業はサボらないで常に教室に通ってるから退学処分の心配はなし。 特に水彩画は並みはずれてて、画集を出せるよ。 だから、先生の信頼も厚い。 男爵様は舌も出せない。 もう一人いる。 ブログ名「こんちゃん」。 こんちゃんは果樹園を経営しているんだよ。 ところが、その畑の下を道路トンネルの工事をしていて、こんちゃんの畑を陥没させてしまったのさ(今年の4月)。 でも、こんちゃんは優しいからあまり文句も言わなかったみたい。 今は落ち着いたみたいだね。 時々果樹の生育状況をブログに載せてるから、多くの人に見てもらえるといいな。 男爵様は収穫の時に手伝いに行こうかと思ってる。 何?下心が見えるって? うーん!男爵様は正直が唯一の取り柄だから、嘘が直ぐにばれてしまうんだよね。 以上が黒石野校の男性トリオなんだけど、一人落ちコボレてるね。 でもさ、落ちコボレもいないと先生は退屈だと思うけどな。 先生は何も言わないけど本当は胃潰瘍になっていたりして。 センセー、入院したらエンゼルトランペット(毒があるかも)持って見舞いに行くよー。 段々と調子が出てきたぞー。 でも、最初は悲しかったんだ!(誰だ!鬼の目にも涙だと・$#<&) 

今回は無題!

ブログを暫らく休んでしまった。 まぁ、誰も当てにはしていないだろうから、気楽な家業だけどね。 でも、ウオーキングは性懲りもなくやってた。 歩いてるときは一人になれるから、好きなことを思い浮かべてはニヤニヤしてる。 どんな美人も男爵様の思い通り、ジャンボ宝くじも当たって豪華客船「飛鳥」で世界一周、大相撲に入門して男爵山の四股名で朝青龍を張り倒す、ホリエモンが出来なかったフジテレビを買収するなんて事をね。 あんまりニヤニヤし過ぎると救急車で連れて行かれるから、時々真面目な顔をしてね。 特に、女性とすれ違う時の表情は大変だよ。 ブスほど(こんな言葉使ってもいいのかな?)警戒して男爵様を睨み付けていくのね。(>_<)  美人はね、自信が有るからオーバーアクションで向かってくる。 それを無視すると少し悲しそうな顔で通り過ぎて行く。 多分心の中では「老眼で目の見えないくそジジイ」と思ってるんでないかな。 すれ違ってから後ろを振り返ると、彼女もこちらを向いてたなんてこともあったけど。 歩く時間帯は高校生の下校時とサラリーマンの退社時間に当たるんだね。 そこで男爵さま得意の家庭占いが始まるわけさ。 スーパーの袋を提げたサラリーマンは一人暮らしか恐妻家だなと。 袋の中身でインスタント物が多いと一人者だな、材料が多く入っているとカアチャンにハッパを掛けられて買わされたかなと、適当に思いを巡らしながら楽しんでるけど、これも誰かが言ってた覗きの一種かな? 最近は自分で料理を作る単身赴任者が多いとも聞くけど、男爵様は駄目だね。 20何年間単身赴任をしてきたけど、料理は卵焼きとカレーライスくらいかな。 あとね、漬物は上手だよ。 値段に関係なく(男の買い物)野菜を買って、漬物専用器で漬けてた。 買うよりは遥かに高く付いたけど、味はバッチリで梅宮辰夫も一目置いてたね(?)。 一時は男爵ブランドの漬物も考えたけど、売れるわけがない。 三日で倒産だよ。 今なら、インターネットで3~4人に販売出来たかな。 掃除洗濯(炊事は駄目)、皿洗いは苦にならない、大好きだね。 こんな主夫何処に居ますか? 欲しい人が居たら爪の垢を無料で差し上げます、何て、余計なことを言うからセクハラで攻められるんだよね。  近くで単身赴任だと時々第一夫人のパトロールがあってね、うむ!部屋は綺麗だし洗濯もきちんと出来てるし、「これは女が居るな」?なんてよく尋問されたけど証拠は出なかった。 「女の勘」てよく当たると思うよ。 臭いなんか犬より鋭いんじゃないかな?<m(__)m>  だからよく洗濯をしてた?なんて思ってる人も居るんだろうな! 車の助手席のシートも第一夫人の足の長さに合わせておかないと、「この前は何処の彼女とデートをしたの?」なんて不意に聞かれて、血圧急上昇で言葉もしどろもどろになっちゃうんだよね。(>_<)  長くなりすぎたな!

暫らく血圧は下がらないよー!

 今日はね、6月1日なんだけど。 だからどうした!って怒られるかもね。 世間、特に日本では衣替えの季節でしょう。 制服の多い日本では今日から夏服ですよ、夏服! 官公庁もクールビズ(今は省エネルックと言わないらしい)とかで出勤?してるらしい。 でも、東北は寒いからなー。 しかしだよ、寒さなんか何処吹く風で颯爽と夏服で闊歩してる連中がいるのさ。 それも集団だよ、集団。 いやー、男爵様またまた血圧上がり始めたね。 実は今日ね、衣替えと聞いて男爵様あるところをパトロールしてきたの。 予想的中、大当たりー。 答えは近くの高校だったわけさ。 いいねー、白の制服に白のストッキング。 もしかして男爵様はロリコンかな。 ロリコンでも何でも良いよ、いいものは良いんだから。 ここから少しだけ真面目になるよ。 話しは逆になるけど、冬でも今の女子高生を初めとして若い人は、下半身何も穿かない人が多いよね(下着は別だよ)。 寒くて大腿部に鳥肌が立ってても我慢してるけど。 ジーパン穿いても腰が出てるよね。 余計なお世話、またはセクハラと言われるかも知れないけど、あれは絶対に体に悪いと思うよ。 男爵様は医者じゃないから強くは言えないけど、関節と腰まわりは年に関係なく絶対に冷やしては駄目なんだから。 だからかどうか分からないけど、盛岡の女子高生は冬は多分パンティストッキングだと思うんだけど(これは幾ら度胸のいい男爵様でも調べられない)黒いのを穿いているね。 ストッキングって暖かいんでしょ? 男爵様も穿いてみるかな、ウソです。  盛岡の学校は良い規則を作っていると思うよ。 kuropan no jyosikousei それを密かに楽しんでいるのは、男爵様ばかりではないと思うけど!うん、これも危ない発想かな? 男爵様はね、去年までは膝と肘、そして首が冬になると痛くて整形外科に通っていたの。 でも、なかなか良くならないんだね。 それが風呂に入ると一時的に痛みが無くなるから、「うーんもしかしたら」と思ったのさ。 それから寝るときは膝と肘にサポーターをして、肩にはマットを当てて寝たら何と何と今年は医者要らずですよ。 だから、幾ら若いからと言っても今は回復が早いけど、熟年に近づくと体は冷やしては駄目。 特に生理機能は要注意だと思うけど。  まあー、男は少し冷やしたほうが良いのかな! 「○冷法」なんてよく聞く言葉だからねー。    さーて、血圧を測ってみようーと!   

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ