最近のトラックバック

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

血圧が上がったー!

 今年の野球は(来年もかな?)、東北の片田舎に住んでいても全球団の試合が見れるんだよね。 男爵様もその恩恵に預かろうとして、春からモヒカンで(今は全部剃り込み状態)東北道を走り回ってた。 金曜日にも弱点・・・ゴメン楽天・阪神戦をみに仙台に行ったけど、雨で中止。 で、関西から来た阪神ファンが騒いでひと悶着有ったらしい。 土曜日は今年一番の晴天で、男爵様もある筋から手配したチケットでネット裏で観戦としゃれ込んだのさ。 でも暑(熱い)かったよ。 頭は例の如しで完全武装しないと3分間で脳が煮立つ。 肌も長袖でないとシミが出来るで大変だった。 試合はね、心臓に悪かったよ。 結果としては2:1で楽天が勝ったけど、後30分試合が続いてたら男爵様は血圧が上がってバタンだね。 キューまでは行かないよ。 まだやらなきゃいけない事があるんだ。 帰りにグッツを買ったんだけど、300円で3ヶ買って10,000円出したらお釣は幾らだい? 8,800円しか返ってこないのさ。 で、男爵様の脳ミソが何かブツブツ呟いているのね。 よく聞いたらお釣が少なくないかい?って。 男爵様、店の女の子を見たらあまり可愛くないのね。 それで思い切って、でも小声で「3ヶしか買ってないんだけど、お釣が足りないみたいだよ」って話したの。 男爵様も男の端くれだから、可愛い子だったら見逃そうかな!なんて下心を持ってはいた。 女の子はね、ムッとした顔で手を出してお釣を寄こせと言うのさ。 男爵様に300円渡せばそれで円満解決なんだけど、男爵様もどっちかと言われるとジャニーズ系ではないから店の女の子も少し抵抗してんだね。 ブスと野獣の戦いは野球と違って引き分けさ。 だけどね、試合の合間に出てくるマスコットガールね、これは良いよ。 20歳から40歳まで20人居るんだけど、男爵様の目には皆20歳に見えるんだ。 足もよく上がるし、臍と腰を出して踊っているのね。 あの中から40歳を見つけ出すのは難しいよ。 これって余計なお世話かい? 思い出したら何ぼか血圧上がったかも!    

変な気分!

 今日は暑かったね! だから、男爵様は涼しいところを探して映画劇場に行ったのさ。 こう見えても男爵様はね、映画を1年に20本は見てるね。 今日見たのは「キングダム  オブ  ヘブン」と言う十字軍を主体にした西洋活劇(古いかい?)だった。 ところがね、入るときに受付にいたお姉ちゃんが、「吹き替え版ですけどいいですか?」と聞いてきたのね。 だから、男爵様は「俺は英語はアイ ラブ ユウしか分からないから日本語でいいよ」と答えたのさ。 お姉ちゃん「クスッ」と笑いながら「ハイ、じゃ1,000円いただきます」だって。 あれ、子供と間違っていないかい?とは思わなかったよ、良くあることさ。 姉ちゃんが可愛いね、又来ようと思ったもんね。 今日は殿方ディで入場料が安いんだそうな。 男爵様はいつも安いけどね(何でかな?)。 劇場の中に入ったら誰も居ないんだね。 時間を間違えたかなと思ったけど、時間は正解さ。 映画が始まったけど男爵様一人劇場のまん中に座ってた。 椅子席は180くらい有るけど、人らしき者は男爵様一人。 別にトイレに座ってる訳ではないよ。 男爵様こんな経験は始めてで、何か寂しいような、偉くなって劇場を借り切って威張ってるような(多分それは無い)複雑な気分だったね。 彼女を連れて行くべきだったかな? 帰るとき、お姉ちゃんに「今日は貸切で見させてもらったよ」と言って帰ってきた。 盛岡東宝劇場ガンバレ!

 明日は仙台、楽天ガンバレ! 帽子とユニフォーム持って応援だ。 阪神を倒せ(タムねえさまゴメン)! 無理か?

男爵!只今参上

 いやー良かった、良かった、無事に八戸に上陸できたよ。 「残念、保険がパーだ」なんてガッカリしてる人も何人かいそうだな。 実はね、男爵様の道中は大変だったんだ。 最初の一日はばら色だったんだけど、二日目からグレーになりだしたのね。 男爵様の兄弟(姉妹)は義理も入れると13人居るわけで、北海道に10人が生きてるの。 「生きてるの」なんて表現は不謹慎だと言われても、上の兄達は大正生まれで死んだ人もいるからね。 それで、男爵様が北海道に来るという話を聞いた兄上、姉上は行程を知りたがるの。 適当に暈(ボカ)してるんだけど、「俺の所に泊まれ」、「私の所にも寄るんでしょ」と電話で騒ぐんだよ。 兄弟廻りは分刻みで小泉総理並みだったね。 一日目はプライベートで少しゆっくりしたかな。 二日目からは兄弟廻りで大歓迎を受け続け(これが苦しかった)、カラオケの前に、焼肉、寿司、カニ、デザートはメロン(メロンと言っても熊本産のハウス物)。 男爵様がいくら可愛くても、流石に夕張メロンは出てこないよ。 なんたってハウス物だけど今時は一個300,000円だからね。 最初に断っておくけど、男爵様は肉とトロは嫌いなの。 好物のカレーライスだって、若いギャルだって(セクハラかな?)3日続いたらギブアップだよ。 しかしそんな男爵様に対して、出てきた料理は何処も相撲部屋並み。 小柄な男爵様を相撲取りと勘違いしてる。 態度はでかいけど、体格は小さいんだ。 だから、最初の兄弟のところで睡眠不足と食べすぎで半分ダウン。 おまけに腸がゴロゴロ泣き出して、次の兄弟の所に行くのが大変だった。 先ず、トイレの場所を地図で確認し、トイレからトイレはノンストップ。 パトカーの先導が欲しい位だったよ。 やっと次に着いても、町中の仕出し屋が総力を挙げて作ったような料理をテーブルにドンと並べて、「大した持て成しは出来ないけど食べて、食べて」だよ。 大した持て成しの基準は何なんだと。 でも聞けない、男爵様は兄姉に育てられた末っ子のような存在だから。 おまけに、男爵様は息子の嫁に小食に躾けられてるから、ここで裏切れないよ。 余したら折に詰めて持って行けだもんね。 何処え持って行けば良いのだ? 岩手に着くまでに全部腐ってしまう。 道中で親戚から3キロくらい脂肪を貰ったね。 やっぱり食事は永谷園だよ。 北島三郎は偉いね。 運転は眠くて、眠くて頭を手で叩きながら走ってた。 だから、あまりギャルを見ることは出来なかったよ。 トドメはね、船酔い。 帰りの太平洋は少しばかり荒れたね。 流石の男爵様も「ゲー」の寸前で(ゲイではないよ)、夜中で寒いのにデッキに出て恨めしそうに大波を眺めてた。 八戸港が見えたときは嬉しかったね。 帰れるんだこれでただの男に帰れるんだ帰れるんだライラライラライラライラライとね(知ってる人は知ってる)。 もう暫くはノー北海道、ノー肉・寿司・カニ・デザートだね。 ギャル位は勘弁するかな。 「新潟そしてスマトラの皆さんゴメンなさい」     

やっぱり陸はいい!

着いた!着いた!北海道だよ。海を渡ったから海外だよ。何か可笑しいかい?やっぱり土の上はいいね。金鎚なんか忘れたよ。降りる時に、ちょっとだけ船内を写したから、見てちょ。特派員第ニ弾だよ!v6010029.JPG

逃げ場所がない!

今、男爵様は何処に居ると思う? そう、泳げない癖に船に乗ってた。魚捕りに行くんじゃないよ。桜ちゃんを追い掛けて、北海道に向かってるの。船は八戸を出て、快調に走ってる。デッキに出て、風に吹かれながら海を眺めてると、誰かの大きな口を見てるようで、何だか吸い込まれそう。男爵様は吸い込まれたら、アウトなんだ。だって男爵様の唯一の弱点は、泳げない事なんだ。それに、毎日スルメを食べて顎を鍛えても、エラ呼吸は出来ないし!あ〜あ!退屈だなー!周りは太平洋の海だし、塀の無い刑務所と同じだよ。なんか船酔いしそう。 海、海、海の写真添付したけど、誰も見たくないよね。以上、男爵の特派員便りでした。v6010023.JPG

逃避行!

                    

                          「ま」

助平根性は駄目だね!

 月2回、恒例の床屋に行ってきた。 少ない毛で2回は勿体ないかな。 男爵様の行く床屋は開店してから未だ1年目なんだ。 その前は20歳前後のギャルが8人いる店で残り少ない毛を手入れしていた。 だけどね、若いだけで下手くそ。 男爵様ね、滅多に怒らないけどその時は怒り心頭だったね。 多分頭から湯気が出ていたと思うね。 眼鏡が曇っていたからね。 温厚な男爵様が怒った理由聞きたいでしょう(*^。^*)。 何、聞きたくない?だって「人(他人)の不幸は蜜の味」でしょう。 特に男爵様の不幸は蜜なんかには変えられないよ。 プラチナだよ。 そのプラチナの味だけど、男爵は可愛い人特に若い人に何か言われると、直ぐに「うん、良いよ、良いよ、オーケーだよ、ベリーグッドだよ」って言ってしまうんだよ。 最後に行ったとき、床屋で鋏を握ってたのがポチャッとして男爵様「ポッ」のタイプだったのさ。 だから床屋が終わったときに、「これでどうですか」と聞かれたから男爵様、鏡の中の己の顔を見ないで彼女の顔を見て、オーケーを連発したんだ。 ルンルンとして(古いか?)家に帰って風呂に入って鏡を見たら、なんと右の顔は細川たかし風(もみ上げが短い)、左の顔はゴルゴ13風(もみ上げが長く下が広い)。 な・な・何と、男爵様は鏡の向こうに誰かが居る、それも二人居ると思ったもんね。 それとも、男爵様の数少ない出会いを邪魔する気か?ってね。 ここで男爵様怒り心頭、モデルガン持って殴りこみだーと行きたかったが、血圧が上がってそれも駄目、震えながら我慢したよ(寒かったからね)。 で、次からは別なところを探して、男爵様得意の床屋巡り放浪の旅に出た。 いやー、良い旅だったよ、直ぐにピッタリの店が見つかった。 主は35~6才のイケメンまでは行かないけど、マツケン位かな? のらリンぱぱといい勝負だね。 腕はまあまあで剃刀は切れない。 だから肌に刺激を与え過ぎるかな。 そんなもんで、床屋が終わったら顔が紅潮してるんだよ。 主に「ポッ」だからじゃないよ。 しかし何があってもね、男爵様は気に行ってるよ。 髭剃りは痛いけど、男爵様は我慢強いので苦にならない。 そして、そして、何と値段が今時珍しい2000円也。 どうだ、参ったか! 誰に言ってるかって? 別にお姉さま方には男爵タメ口は言いません、いや言えません。 ハイ。 続きが有るんだねこれには。 男爵様小柄だから、色艶良くて髪が黒いと思いっきり若く見られるの。 そこで、ここが勝負と髪を染めたんだけど、これが1000円也。 合わせてなんぼだい? いつも床屋の言う通りに3000円払ってるんだ、そして釣は要らねえよってね。 床屋が安いのか?頭が安いのか?うーんわかんねーな!(>_<)

指が足りない!何だそれは?

 男爵様ね、今歯医者に掛かってたの。 別に牙を入れる為ではないよ。 スルメの食べすぎでもないよ。 単なる歯が沁みてたからなんだ。 息子の嫁さんに進められて行ったその歯医者さん、いやー驚いたね。 ドクターがね何人居ると思う? 8人だよ、3人の間違いでないよ。 一桁の数字だったら、男爵様も何とか指を使って数えられるのさ。 偉いと思う? 未だ驚いちゃ駄目だよ、許さないよ。 その他に看護師(昔の婦が良かったな!)さん等が12人(足の指使っちゃった)も居るんだ。 合わせたら何人だと思う? ここでコマーシャルなんて言ってる場合ではないよ。 あの憎っくき診察台は7台、そしてレントゲンまで備えた移動式診察治療車が1台、もうこれ以上の歯医者はないよ。 寝たきりの人には、無料で移動診察車が来てくれるの。 金が無いから寝たふりなんて手は通じない。 そんな人は麻酔無しで歯を抜くみたい。 男爵様は痛みに対しては痩せ我慢するのね。 治療中に少しくらい痛くても黙って目を瞑ってるの。 「痛かったら合図してくださいね」と言われるけど、面倒くさいから黙ってる。 その方が医者としては治療し易いと思ってね。 だけど医者は「この髭オヤジ随分神経鈍いな」位しか思ってなかったりして。 本当は男爵様額に汗を掻きながら我慢してるんだけど。 だって、一人居る女医さんは可愛いし、他の男の医者も若くて結構イケメンなんだ。 院長はゲジゲジ眉で厳ついけど、まあ前者に免じて勘弁するか。 そんな歯医者だから子供達は嫌がるけど、男爵様はなんとなく待ち遠しいような気分だね。 もしかして男爵様の右手の甲が左の頬にくっついてたりして。 でもそれは無い。 明治生まれの日本男児ここにあり、嘘、嘘ですよ、昭和生まれです。 疲れた。 寝るか!  

男爵様は英語キライ!(オカマも)

 寒さ、幾らか和らいできたみたいだね。 午後には雨も止んで、東の空に(我が家から見て)虹が出てた。 レインボーだよ!レインボー(^O^)/。 発音は分かるけど、書けといわれても書けない。 男爵様はジャパニーズだから英語は分からないよ。  沖縄に居たときの話だけど、スナックで飲んでた時に、アメちゃんの兵隊が我々と話をしたいと言ってるが?って、マスターが話しかけてきたんだよ。 男爵様は、横浜でオカマの米兵に犯されそうになった事があったから(聞きたい?)、こんなところで又繰り返しちゃ駄目だと思って、男爵様は「イヤダ」とはっきり言ったのさ。 ところがね、もう一人の友達は喜んじゃって、アイ キャン スピーク イングリッシュ ア リトルなんてほざいてしまったのさ。 いやー、アメちゃん喜んでダッダダッダーンと機関銃みたいな速さで話しかけて来るは来るは、男爵様は隣の隣にいたけど窒息しそうだった。 友達はスローリー、スローリーなんて叫んでたけど、アメちゃんには通じないよ。 すっかり雰囲気が不味くなって、男爵は先に帰ってきた。 知ったかぶりは駄目、ノーグッドだよ。  後でそこのマスターが、英語を覚えるには、米兵の彼女を持つことだと教えてくれたけど、ロカビリーバー「チャンピオン」で男爵様が見た彼女達は180センチの黒人と175センチの白人だった。 向き合っても、あの身長であの胸だもんね、男爵様窒息寸前だよ。 やっぱりね、女性は大和撫子だよ。 これでお姉さま方の男爵に対する点数は大分上がったかも(^。^)? もしかしてペ・ヨンジュンより高かったりして。 うーん、沖縄市の「チャンピオン」未だあるのかな。 いや、あっても行かないよ。 女性は大和撫子! でも今時のギャルは「それって何」って聞いてくるんだよ。 男爵様もう疲労困ぱいだね。 ハイ、今日もお疲れ様!!!

何が夏だ!(>_<)

 稚内に流氷が来たって! 2~3日前には北海道に雪が降るしさ。 オイオイ、今年は日本に夏が来ないのかい? 立夏なんてさ10日も前に過ぎてんだよ。 もしかして、カレンダー屋さん適当に立夏を決めたのかな。 男爵様はね、今ストーブを付けてドテラ着てブログやってんの。 年のせいだけではないよ。 とにかく寒いの。 昨日、今日と男爵様の住んでるところは10度以下なの。 だからって樺太じゃないよ、盛岡だよ。 来週は「ま」だけ残して遠出してくる。(解る人は解るんだ) のら母さんの近くまで行くよ。 近くと言っても石北峠日本で一番早く路面が凍る峠)があるから、簡単には越えられないんだ。 男爵様の愛車モヒカン(先日黄砂も納まったので自動洗車機にかけたら、モヒカンが無くなった)は四駆だけど、凍結路面の下りは怖いね。 ハンドルなんて無いと同じ、車はあなた任せだもんね。 美人ならあなた任せも悪くないが! まぁ、道中は気を付けて走ることにするよ。 死んだって誰も線香なんてあげてくれそうもないし、益してや香典なんか雲の上! 悪戯男爵はまだまだ世に憚(ハバ)からなくちゃならないからね。 

大成功!

携帯からの送信も大成功だし、これで何処からでもブログオーケー(^O^)/だね。でも、サムネイルがねー!ま、仕方ないか。v6010014.JPG

テスト

携帯からの写真送信テストです。v6010021.JPG

写真の圧縮テスト

IMG_0121s 圧縮した写真の挿入テストです。 先生に怒られ、又怒られながらやっと成功しました。 結果は大成功です。 やれば出来る! またまた先生は偉いなーと思い直した出来事でした。 一件落着! 写真に写っている岩は先端まで歩いていけます。 但し、道中と見晴らしの良い先端は手摺がありません。 広さは一坪位で、簡単に180m下まで落ちます。 自殺希望者は男爵がその場所まで案内します。 並みの人は、足が震えて先端までは行けないと思いますけどね。

Message from SkyMail

携帯からテステです。

先ずは一難去って!

 いやー!良かった!良かったよ。 本当にベリーグッドだな。 関東のおば様から手打ちの話が来た。 直ぐにオーケーを出すと弱みを握られそうだから、2~3日ほおっておこうと思ったんだ。 けど、昔は(?)「川島なおみ」に似てたと言う自己申告があったんだよ。 これは黙ってられないね。 男爵即受け入れだよ。 今日からはワインを嗜むぞ。 
 『タムさま~』
 ファイナルアンサー惜しいよ! 正解はね、男爵の足が小さいから合う靴が無かったのね。 普通男物の靴は24.5センチからだものね。 男爵様は、惜しいかなー24.0センチなんだよ(間抜けの小足か?)。 でも、男だって欲しいものは欲しい。 だから拍車の代わりに金輪を靴の両側に付けて、特注で仕立てたの。 踵(カカト)は高くて7センチ位あるかな? 靴屋のオヤジもサービス良くて、男爵が言う前に踵を上げましょうだって! もしかしてこれってセクハラ?
 『阿武さん』
 阿武さん!待てども、待てども援軍が来なくて、まるで終戦間際の日本軍の戦いみたいだったよ。 男爵一人で孤軍奮闘だった。 いやー、男爵は戦前の女性(言葉が古いかい?)を知ってる訳ではないけど、戦後の女性は本当に強くなったね。 特に口は強い。 毎日「食べる」か、「しゃべる」かで鍛えてるもんね。 たまに静かだなと思ったら口を開けて寝てる。 男爵はウオーキングで下半身を鍛えるのが精一杯、それもチンモク(少し難しかったかな?)でね。 男性連合を早く結成しないと、世の殿方は熟女に滅ぼされるよ! 屈強の男性誰か居ないですかー。
 『ひろみちゃん』
 もう、もう(牛じゃないよ)、ただただ平に誤るだけです。 「ひい様に喜んでもらいたい」それだけの一念で言葉を選んだつもりがー。 男爵世渡りが下手です。 調査不足でした。 どうぞひい様!ビシバシ打ってください。 打ち疲れたら特大のローソクをお願いします。 うむー!快楽か?地獄か?何か変な予感がするなー!        男爵ね、額を床に擦り付けて謝ってばかりいるから、額の毛が無くなりつつあるんですわ。 だから、頭の毛全体が「絶滅危惧種」なの。 それで脳みそが直ぐ熱くなるけど、冷めるのも早いわけ。 でもって、頭はローソクノーグッド、体は・・・・まぁ想像に任せます。 ブログって疲れるもんだね。 パソコンの無い世界に行きたい!

 
 炊事洗濯おば様と、夢おば様・・・・。 最近音沙汰無いけど! 熟女が居ないと(誰が熟女と決めた?)又(股ではないですよ)寂しいよね! 
  

疲れてるのに!

 今、ウオーキングから帰ってきて、風呂で一汗流したばかり。 氷室京介を聞きながら歩くと、足が短くても早足になり結構良い汗をかけるね。 おまけに曲も3~4曲覚えた。 今度カラオケで聞かせますよ(誰が聞くのか?)。 ブログの後、男爵様は夜逃げの準備だよ。 北のおば様と関東のおば様が、男爵の宝物を奪いに来るらしい。 相当意気込んでたから、逃げるが勝ちだね。 でも、宝物が(ある人はガラクタと言ってる)多くてトラックに積み込めるかどうか心配。 この疲れているときに大変だよ。 何から積み込むかな? 教えて。 知るか! 

実は、男爵は!

 北のおば様ー! 三無いでーす、ですか? おば様の自己申告で人相書きが出来ますよ。 盛岡東警察署の轟警部に報告しときますわ。 後ろ姿は小学校高学年か中学生ね! うーん、 どうもこの言葉が心に引っかかるなー。 言っちゃおう!北のおば様、他の人には内緒だよ。 小さな声でしか言えないけど、実は男爵ロリコンなんですー。 あー言っちゃった。 なんか少しずつ男爵の素性がバレていきそうだな。 もうブログ止めようかな!  

 我が家は只今厳重警戒、非常事態発生。 ある筋から情報が入った。 北のおば様と関東のおば様が組んで、男爵の宝物(?)を狙っていると・・。 直ぐ岩手県警に連絡して、花巻空港、盛岡インター、盛岡駅、えーとあとは何処だっけ、とにかく検問をしてもらう事になった。 その時に盛岡東警察署から、おばさまの人相等について聞かれたけど、男爵「何もわっからないでーす」と言っておいた。 いま、男爵は想像している。 おばさまコンビはスレンダーかな?太めかな?身長は八頭身(言葉が古いかも)かな?団子三兄弟かな?化粧は薄化粧かな?笑うとヒビが出来るのかな?なんてことは心にも思ってはいない。  益してや、こう見えても男爵は気が小さいので、そんなことを命をかけてまで言えない。 これ本当の気持ち(?)でーす。 $#>*‘~?¥%’阿武さん助けてー!

巨人軍、いざ見参!

IMG_0130
先日の楽天・巨人戦の前に行なわれたセレモニーには、流石の男爵様もビックリした。 なんたって球場に、馬にまたがった伊達政宗を先頭にして、伊達藩の戦闘集団が入って来たのさ。 刀は勿論のこと鉄砲まで持ってね。  野球では勝てないと思って、武力で巨人をやっつけようとしたのかな? でも、戦闘は起こらなかった。 正宗さん始球式を行なって(ノーバウンドでキャッチヤーミットに納まった)悠々と引きあげて行った。 馬にまたがっていたのは、現在の伊達家当主で、仙台市役所に勤務する17代目(?)の伊達さんだそうです。 世が世なら、伯爵様ですよ。 イモ男爵とは少しばかり違うかも。 男爵様はね、古武具が好きで新作の鎧兜を、大袖型(義経が着用)と丸袖型(戦国末期に着用)の2領を持ってはしゃいでいるんです(これでは年を取るわけないか)。 添付したのはその時の写真です。    (pohto by K,Ishii)

またまた股引で!

 昨日は、宮城・岩手は寒かったね。 最高気温が10度だよ! 北海道でさえ14~5度なのに、それ以下だった。 プロ野球の最下位決定戦を見に行くのに、折角洗濯して箪笥にしまいこんだ股引を、又引っ張り出して穿いたよ。 着る物も厚めの物を着て、まるでスキー場に行くみたい。 東北道はUターンの残党が少し見られるくらいで、愛車モヒカン号も快調だし比較的走りやすかったよ。 、ただ、取締りだけは気を使ったね。 男爵様は今までに交通反則金(早く言えば罰金)を50万位払ってるのね。 決して自慢はしていません、無駄金だと悔やんでいます。 反省もしています。 でも、払った罰金は1円も戻りません。 当たり前です。 道路の標識を見るたびに「俺の金で立てたな?」と呟きながらつい足元に力が入るんです。 一関からの帰りには、突然目の前がピンク色になり、何事が起こったかと左を向いたらカメラが有った。 まさかと思ったけど、一ヵ月後に呼び出し状がきて高速警察隊に行ったら、一枚の白黒写真を見せられた。 「覚えがありますか?」と聞かれ、ジャニーズ系の顔(?)、立派な髭、これはどう見ても男爵の顔で、「ハイ私に間違いありません」と言うより仕方無かった。
 ここで6万円がパー。 青森からの帰りには、上空をヘリコプターが飛んでいたけど無視して運転していたら、何処からとも無くパトカーが現れてSAに誘導され、またまた?万円がパー。 35年の運転期間で北海道から沖縄まで交通標識を立て続けてきた。 だから、今の男爵は高齢者マークは付けていないけど、模範運転をしています。 時々マナーの悪い車を指導するために、追いかけて前方に回り込むことは?最近は少ないですハイ。 本題に戻らなくちゃ。 無事仙台に着いて球場に行ったけど、今時期のナイターは皆完全武装だね。 男爵様を含めて真冬のスキー場ファッション(?)だよ。 その中で、ビヤタンクを担いで生ビールを売り歩くギャルたちは、半袖に素足で短パン(今は何て言うのかな?誰か教えてちょ)だもんね。 片や股引にホッカイロでーす。 半分ヤケクソだい。 年って恐ろしいと思うわ。 試合は新聞、テレビで報道されたように、9回裏が最高に燃えたね。 選手では、清原はほろ酔い顔をした何処かの土方のオッチャン、ローズは密林を抜け出した原始人、投げなかったけど岩隈は足長おじさん(身長190センチ)、まあそんなとこだね。 因みに男爵様はアンチ巨人です。

愛車、モヒカンで!

 今日はね男爵様、黄砂の洗い残しを背負った愛車モヒカン号で、プロ野球セパ交流戦「楽天対巨人戦」を見に仙台に行くんだ。 朝早くから顔に自家製の化粧水(沖縄の月桃石鹸に負けないよ、ひろみちゃんゴメンナサイ)を染み込ませ、残り少ない頭髪もそれなりに帽子で隠し、いよいよこれから出発だい。 なにか、??年前の遠足なんかを思い出すね。 はやる心を抑えながらマイブログを開くと、いやー沢山の人から(正確には3人です)コメントが来てた。 またまたTセンセーの言った通りだったね。 やっぱりセンセーは偉いね。 コメントを寄せてくれた宮センセー、最初から矢巾に宮先生が居ると分かっていたら、男爵は黒石野から矢巾に転校していたよ(Tセンセー、Kセンセーまたまたゴメンナサイ)。 先日、黒石野の教室で先生の写真見ました。 子供が居るなんて(これは内緒だったっけ?)男爵は信じません。 あれは弟でしょ。 のらリンの母さん、男爵実は今盛岡に居ついてしまったのです。 でも生まれ育ちは(育ちはあまり良くなくSいやMかな)旭川の隣町比布(ピップ)です。 兄弟は皆北海道に居ますから交際は大変です。 20日に海を渡ります。 タムさまー、男爵の足まで(長さかな?怪我の状態かな?)心配してくれて光栄(?)です。 男爵も最初は携帯用のCDプレーヤーでしたが、走ると音飛びがあるので今はMP3に変えました。 心配してくれた速度は6キロを50分(男爵は歩くのは速いですよ)、街の中です。 不用意なトイレは「公然わいせつ物陳列罪」になります。 少し急ぎましたが、三人には仙台から帰ったら改めてコメントを投稿させていただきます。 又、偶然でもブログを読んでくれた皆様には、セ・パ最下位チームの対戦記を後日公開します(少し偉そうだなー)。 では、行ってきまーす。  

アジアからの侵入者(侵入砂)

 今年の連休は、男爵様の行いが良かったので、雨の日が無かった(晴天とは言えない理由がある)ような気がするけど。 ところが、空はなんとなくイマイチ晴れてなかったね。 毎日、毎日黄色く濁っていたような気がしたけど、このブログを読んだ人はどう感じただろうか? そう、例年になく黄砂が多くて、しかも長く続いて降りてきてたんだね。 男爵様、車は財産だと思っているからよく洗車をしたのだが、あくる朝はもう汚れている。 何回洗車しても結果は同じ。 ここでだよ、洗車といっても男爵様の車は比較的大きいのに比べて、男爵様の足は比較的(イヤ絶対的かな)短い。 だから車の上部に洗い残しが出来るんだよ。 車の「モヒカン刈り」だよ。 そんな車であちらこちら走り回っているとインディアンと間違われそう。 男爵の車が近づくと「頭の皮を剥がされるなんて」言われそうだね。 男爵様はとっくに剥がされてるけど(本当は自然禿)。 実を言うと男爵様はアパッチインディアンの酋長ジェロニモの子孫でね、家には儀式用の羽飾りと、戦闘用の羽飾り、そしてトマホーク(相手目がけて投げつける斧)が有るんだ。 いつか、男爵様が正装した写真をブログに載せたいと思ってる。 乞うご期待だね。
   追伸・・男爵、本当は戦国時代の瀬戸内海で活躍(?)した、村上水軍の一武将の子孫です。

オヤスミ、股引さん!

 久しぶりにウオーキングに行ってきた。始めは柔柔と、そして次第にスピードを上げて歩いてみたが、もう大丈夫と自信が付いた。 最初は「何の此れしき」と思っていた足首の負傷が10日間もかかってしまった。 痛いと言いながら桜の花を追っかけてたのが悪かったのかな。 ここで出るのが「やっぱり年」なんだよね。 いや、男爵様は若いと思っているよ。 でも、外野がうるさいんだよ。 ウオーキング中はT先生にお世話になった(?)MP3で氷室京介を聞きながら(いや最近はユニコーンのヒゲとボイン)、快調に飛ばしているんだけど、最近不安なことがあるんだね。 男爵様御用達のトイレがある店の閉店によって1箇所無くなるわけさ。 最近まで寒かったので、6キロも歩くと途中でトイレタイムが必要なんだけど、その内の1箇所が無くなる。 これは男爵様にとっては死活問題だよ。 今日から股引も穿かないで(やっと脱ぎました)頑張ろうとしているのに。 バレテしまったけど、冬期間は男爵様の年(?)を考えて股引を穿き、膝と腰周りは絶対に冷やさないようにしている。 だから足腰は痛まないよ。 下半身いたって元気です(くれぐれもああ勘違いの無いように)。 脱いだ股引は息子の嫁さんが洗ってくれたので(毎回です)、半年間箪笥の奥で眠ってもらいます(オヤスミ)。 

先生は偉い!

 いやー!おろろいた、驚いた。 でも、浮き浮きするな。 男爵様のブログを見てた人が居るんだね。 先生の言ってたことは本当だったよ。 これからは先生を改めて見直し、今まで以上に尊敬します。 これは男爵の本心です(いつも本心とは言うけど?)。 コメントを出しての繋がりはあったけど、来たのは初めて。 うん、男爵様もまんざらではないね。 ブログにチボウ(本当は希望)が湧いて来たぞ。 男爵様ね、あまり嬉しくて返信でペンネームの由来を言ってしまったのさ。 高貴な男爵ではなくて、男爵芋の男爵ですとね。 タムさん(女性だよ、女性!)ガッカリしていないかな。 又男爵悩んじゃうよ。 小岩井に羊数えに行こうー!  

いやー、あんな場所が

 昨日2日はね、連休真っ只中だけど暦の上では平日ですよ。 その穴を狙って県北ぶらり旅に出かけました。 帰りがけに二戸市と一戸町の境目で、馬仙峡と言う看板を見つけたのでどんな所か行ってみたのね。 先ず入り口がわかり難いし、道幅も狭い。 男爵様は体は小さくても車は大きいから、短い右足に全神経を集中させてなんとか目的地に着きましたよ。 そこにはガイド暦35年と言うおじ様が居て、手作りのパンフレットを使って懇切丁寧に説明してくれました。 その中の「男神岩」まで歩いて行けるからと言われて、男爵様勇んで向かったはいいけど、道幅1m、しかも急な登り下り。 雨の日は滑って絶対に行けない。 もし、行ったら帰ってこれない。 昨日は晴れていたので男爵無理して行ってみました。 しかーし!目的地10m手前で男爵様の足が異常に震えて、前に進まなくなったのです。 道の右側はいつの間にか断崖になっていて、高さが175mだって。 そして、あと5m登ると終点だが回りはやはり断崖絶壁で高さが180m。 驚いたのは、そして男爵様の足を振るわせたのは、目的地もそこに行く道も手摺が無い。 そんな場所に誰が行きますか? でも、そこに行った三人の若者が居たんですよ。 恐怖を大声で紛らわしながら、帰って来たときは三人固まって肩で息をしてました。 とにかくあそこは危険です。 嘘か本当か一度行ってみては? 男爵は命が大事です。 

またまた花見!

 今日は本当に天気が良かったね。 男爵様は天気に釣られて、又桜を求めてあちこちと走り回ってたよ。 紫波の城山公園。 いやー、いいね! 桜の花、木、そして地形、もうばっちりだね。 車も比較的近くに止めれたし、最高だったね。 出店も結構出てたし、でも昨日の二の舞、いやイカ焼きは買わなかった。 グループの宴会も結構やってたけど、昨日と同じでどのグループも男爵様に飲んで行け、食べて行けとは言わなかった。 少し寂しい思いだったけど、当たり前だよね。  

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ